アーロンチェアご購入者へ専用アームカバーをプレゼントと不要椅子の回収やっています
スポンサーリンク

オーガニックデザインコンペの話

 

チャールズ・イームズとエーロ・サーリネンが、1940年に共同でニューヨーク近代美術館(MOMA)が主催する「Organic Design in Home Furnishings competition」に出展し、6部門中2部門でグランプリをとったという話はよく聞くところです。

いや知らないけど初めて聞いたし。という人は、イームズかエーロのストーリを読むと良いです。

 

【必読】チャールズ・イームズの生涯と詳しい説明
”イームズ”の名前は有名ですが、イームズと検索すると間違った情報や嘘や誤解がある情報がほとんどです。 イームズとはいったどんな人物か、どんなことをしたのか、詳しく正しい情報をお伝えします。 もともとは建築家であり、家具のデザインだけでなく映画撮影までしていました。
チューリップチェアをデザインした「エーロ・サーリネン」のストーリー
建築家であり家具もデザインしたエーロ・サーリネン。ペデスタブルシリーズやウームチェアはあまりにも有名です。 Knollとの関係も深い彼のストーリーを書きました。チャールズ・イームズとも関係が深い人物です。

 

 

それで、そのMOMAでの光景が実際どんなのだったかというと、

 

書籍 THE WORK OF CHARLES AND RAY eames 直撮り

こんなのみたいです。
1941年の写真ですので、しばらくMOMAでこうやって展示されていたんだと思います。

この中で皆さん見覚えがあるでしょうなのがオーガニックチェアですね。
当時はオーガニックチェアという名前ではなくて、Vitra社が製品としてリリースする際にこのコンペをもとに名づけたわけです。
だからもともとハーマンミラー社の製品で存在したんじゃないです。
そもそもまだこの時はイームズとハーマンミラーはコラボレーションしていません。

 

他の製品は今現在で復刻されている物はありません。

 

スポンサーリンク

右奥にあるモジュラー式のシェルフは昔から好きです。私は。
これと同じような理論のESUがあるんですけど、それも含めて、いつか復刻したりするんでしょうか。

個人的にはですが、サイドチェアは一周まわって現代に似合うと思うんですよ。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのオフィスチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方のお店

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のオフィスチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップもあります。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダー(全国一位)でもあることで知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。
個人への家具販売からインテリアデザインに、オフィスデザイン、事務所や商業施設への家具販売に施工からアフターフォローまで承っています。法人向けのコントラクト販売もしていますのでプロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

知っておくと良い知識や雑学
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました