アーロンチェアご購入者へ専用アームカバーをプレゼントと不要椅子の回収やっています
スポンサーリンク

ダイヤモンドチェアの背もたれを長くしたベルトイアの「バードハイバックチェア」

バードチェアとオットマン

– Bird High Back Chair –

デザイナー: Harry Bertoia (ハリー・ベルトイア)

 

金属彫刻家として才能を発揮しながらも家具のデザインをしたことで有名な「ハリー・ベルトイア」によるKnoll(ノル)社のためにデザインをした一連のベルトイアコレクションのひとつです。

1952年にデザインされました。

名前の通り鳥のように見えることからこの名前が付けられています。

 

金属彫刻家ながら名作家具を作った「ハリー・ベルトイア」の説明とストーリー
彫刻家なのに家具も製作したベルトイア。彼の功績によりイームズワイヤーチェアが生まれるなど、ワイヤー状のチェアの発展に大きな影響を与えました。その後Knoll社からダイヤモンドチェアやバードチェアといった彼の魅力が詰まった椅子もリリースされたことで一躍有名デザイナーの仲間入りをしました。そんな彼の人生を紹介します。

 

スポンサーリンク

背もたれの長いダイヤモンドチェア

コーディネート風景

「バードハイバックチェア」は「ラージダイヤモンドチェア」の背もたれを長くしたデザインです。

もう見ての通りの違いですので、ダイヤモンドチェアよりもたれかかって座ることを重視した椅子です。

ラージダイヤモンドチェアと背もたれ以外は同じ構造をしています。

 

ベルトイアの彫刻のような椅子「ダイヤモンドチェア」の歴史と正規品
ノル社から発売されたハリー・ベルトイアのダイヤモンドチェアは座る芸術とも称される名作家具です。 どういった経緯で作られたか歴史を書きました。

 

バードハイバックチェアは基本的にフルカバーで販売をされているものでしたし、現在も基本的に同じようにカバーをした状態で販売されています。

彫刻のようなワイヤー状がベルトイアコレクションの売りではありますが、バードチェアはワイヤーで成形された曲面をふんだんに楽しめる座り心地を求めた椅子です。

深く座った時の包まれるさまが心地良いですね。

 

ミッドセンチュリーコーディネート(書籍 MID-CENTURY MODERN FURNITUR OF THE 1950s BY CARA GREENBERG 直撮り)

オットマンとセットで使われているのをよく見ます。

ファブリックの選択により個性を出すことが出来るのが良いところです。

原色系はまさにミッドセンチュリーモダンですね。

 

バードチェアの後ろ姿

個人的には後ろから見た姿が好きです。

ワイヤーのアミアミがベルトイアを感じられ、それでいてカバーで縁取られた部分が何となく見ていて気持ち良いです。

ヴィンテージ市場で数が多く存在はしませんが、別段珍しいと言うほどでもありません。

価格もあまり高額にはなっていません。

 

正規品はKnoll社が製造していますので現在も普通に買うことが出来ます。

 

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのオフィスチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方のお店

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のオフィスチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップもあります。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダーでもあることで知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。
個人への家具販売からインテリアデザインに、オフィスデザイン、事務所や商業施設への家具販売に施工からアフターフォローまで承っています。法人向けのコントラクト販売もしていますのでプロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

名作家具やデザインの話
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました