アーロンチェア、エンボディチェア、コズムチェアとモニターアーム&ディスプレイとの特別セットキャンペーン実施中

Herman Miller(ハーマンミラー)

知っておくと良い知識や雑学

ハーマンミラー物語は最高の一冊です【ミッドセンチュリーのバイブル】

この業界、本がすごく大切です。重要な情報の多くは古い本から収集します。 最近の本でも絶対に読んでおかないとならない本があります。それがこのハーマンミラー物語です。
名作家具やデザインの話

イームズラウンジチェアは男の椅子?

イームズラウンジチェアはなぜか”男の椅子”という謎のカテゴライズがされがちです。 どうしてそうなったかというと、そもそもハーマンミラー社自体がそんなことやってました。
知っておくと良い知識や雑学

ハーマンミラー最初のカタログは有料でした

ハーマンミラー社がイームズやネルソンのプロダクトを売りに出す時に作ったカタログは有料でした。 本来は販売促進のためのカタログが有料で販売されるのは世界で初だったと言われています。
知っておくと良い知識や雑学

ハーマンミラー認定資格エルゴノミックアドバイザーとは

ハーマンミラーにはワークチェアやワークシーンに特化した認定資格エルゴノミックアドバイザーがあります。 その資格を私も持っていますし、その説明をします。
名作家具やデザインの話

【正規品】イームズシェルチェアの素材の違いと選び方【模倣品の話も】

ハーマンミラー社で正規復刻されているイームズシェルチェアは素材が3つあります。 それぞれはどんな目的で、どんな要望に合わせて選べばよいか難しいと思います。 それをプロの目から説明しました。わかってもらえるはずです。
名作家具やデザインの話

イームズ夫妻の遊び心「イームズのハングイットオール」のストーリー

カラフルでキッチュなハンガーEames Hang it Allはハーマンミラーが最初のリリースではありません。 子供向けに作られたのでうsが、現代ではどんな空間にも合わせる万能アイテムとなっています。
名作家具やデザインの話

ハーマンミラー製ノグチコーヒーテーブルはなぜ日本で販売されていないか

イサム・ノグチの名作ガラスコーヒーテーブルはハーマンミラー社からリリースされたのに、どうして日本ではハーマンミラー製がないのでしょうか。 ヴィトラ製のコーヒーテーブルは何でしょうか。説明しました。
名作家具やデザインの話

日本製のイームズシェルチェアがあったんです

過去にはイームズシェルチェアの日本製がありました。 ハーマンミラージャパンになる前に、モダンファニチャーセールスという会社も存在しました。
ニュースや新作やイベントの情報

ハーマンミラーが新型アーロンチェアを発売

1994年に発売されたアーロンチェアが、発売23年を経て新型が登場しました。 世界的に有名な高機能ワークチェアをすべてアップデート。アーロンチェアリマスタードとして発売されました。
知っておくと良い知識や雑学

ハーマンミラー製のハチミツ

ハーマンミラー米国本社のグリーンハウスに行った際にお土産としてハーマンミラー製のハチミツ(ハニー)をもらいました。 ハーマンミラーファンなら垂涎の品でしょう。
建築や場所や行ったところ

ハーマンミラー米国本社 工場に行った話

ハーマンミラー米国本社にある各工場を案内してもらいました。 イームズやネルソンといった名作プロダクトはここで作られています。
知っておくと良い知識や雑学

ハーマンミラートレーラー

ミシガンのハーマンミラー米国本社に行っている間に、ハーマンミラーの実際のトレーラーと出会いました。 最高に格好良い写真も撮影しましたよ。
名作家具やデザインの話

イームズチェイスは深く眠らないための椅子

イームズチェイスは寝椅子としては非常に狭いデザインです。狭すぎて腕を身体に載せておかないといけません。 これだと熟睡できないのですが、そのための寝椅子なんですよ。 映画お監督のためにデザインされたイームズ夫妻のプロダクトでです。
建築や場所や行ったところ

ハーマンミラー米国本社 グリーンハウスに行った話

ハーマンミラー米国本社にあるグリーンハウスは、オフィスとファクトリー両方の機能を併せ持っています。 家具業界で唯一トヨタ生産方式で製造されていますよ。
建築や場所や行ったところ

ハーマンミラー米国本社 デザインヤードに行った話

ミシガン州グランドラピッズにあるハーマンミラー米国本社に行ってきました。 デザインヤードというメインサイトの一つの話です。
建築や場所や行ったところ

ハーマンミラーゲストハウス マリーゴールドロッジに泊まった話

ミシガン州グランドラピッズにあるハーマンミラー米国本社を案内してもらった際に、ハーマンミラーゲストハウスに泊まっていました。 そこがあまりにも素敵だったので、その話を書きました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました