アーロンチェアのリプロダクトとかジェネリックとかあるの?

アーロンチェア

リマスターされた新型のアーロンチェア リマスタードも発売した有名なアーロンチェアは多くの評価がある一方で誤解もあります。 正当な評価やレビューが少ないと感じますので、本当によいものか、優れたものかをプロが書きました。 最高峰のワークチェアに違いありません。腰痛が治るのかも書きました。

このサイトの検索クエリとみると「アーロンチェア ジェネリック」というキーワードで訪問されているケースが週に数回あります。

そういえばアーロンチェアは二十年以上販売しているということから、「アーロンチェアのリリプロダクト品とかあるんですかね」みたいなことを尋ねられたこともあります。

無いですね。

アーロンチェアのリプロダクトやジェネリック品とやらは。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




アーロンチェアの模造品なんて作るとは思えません。

なぜなら真似して作るのが大変だからです。もうそれだけでしょう。

模造品を作る人達や売る人たちなんてのは家具やデザインに思い入れなんてある訳ありませんから、有名だとか売れてるとか儲かるかどうかでしか判断をしません。

そりゃあ、やるなら楽に真似できて安く作れてそれなりの物が作れるデザインにしますよね。

だからパーツ数も多く複雑なアーロンチェアを真似するのはコストもかかるし割に合わないです。

それに大きく真似が出来ないのが保証期間です。

ハーマンミラー社のワークチェアは保証期間の長さも込みで評価されている部分もありますから、正規品の保証12年というの強いです。

この保証が全然無理です。これだけ長期間の保証を付けられるほど耐久性に自信があるということでもあります。

以上から真似して作ることも難しく、さらに作ったとしても安価ではなくなりますし、さらに売れるかどうかといわれると・・・価格だけで選ばれるわけではないのがワークチェアです。

うちのお客さんたちにも多い考えなのですが、安いワークチェアを買って満足しなかったり、何度も買いなおしたりするぐらいなら、もう最初から気に入ったワークチェアを長く使ったほうが良いです。

そのほうが長い目で見たらお値打ちかもしれません。

それに、身体のことを考えたら変な椅子に座って腰を痛めたりする方が高くつきます。

アーロンチェアの予算が出せない人には同じくハーマンミラー社からセイルチェアという七万円台で購入できるワークチェアもあります。

ハーマンミラー社から2011年から国内販売されているセイルチェアは同社の中で最もロープライスなワークチェアです。 値段にしてはかなりレベルの高いチェアなので、個人宅でも法人でも多くに選ばれています。 実際に何が良いのか、そして気になる部分、軋み音の本当の話を書きました

アーロンチェアは名作ですが、あくまで道具として評価されている側面も強いです。

見た目だけ真似してどうかという話でもあります。

リプロダクト家具やジェネリック家具が問題のないものだと思っている人たちはこのページを必ず読んでください。 そのうえでどういったものかを判断してください。世論が間違っています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告