【ハーマンミラー正規品】ネルソンプラットフォームベンチの歴史と本物について解説

ネルソンプラットフォームベンチ

– Nelson Platform Bench –

デザイナー:George Nelson (ジョージ・ネルソン)

 

ネルソンプラットフォームベンチといえばミッドセンチュリー期を代表するネルソンの格子状の家具です。

昔も今もハーマンミラー社によって製造販売をされています。

そしてジョージ・ネルソンの代表作の一つです。

 

あと、この世でもっとも真似された家具の一つだと思います。模倣品のオンパレードです。

ハーマンミラー社の物のみがジョージ・ネルソン・ファウンデーションにライセンス料を支払っている正規品です。

 

ディレクションの天才「ジョージ・ネルソン」のストーリー
ジョージ・ネルソンはハーマンミラー社のデザインディレクターを務めたことで、イームズやジラードを同社に導き、ハーマンミラー社を世界的なファニチャーメーカーへと成長させました。 自身のデザインであるネルソンベンチや名作家具も世に多く残しています。

 

スポンサーリンク

モダンな傑作ベンチ

ヴィンテージネルソンベンチ

(写真のネルソンベンチは1950年代の貴重なものです)

このベンチですが、雑誌「フォーチュン」のネルソンオフィスにあったものがオリジナルです。それが1945年のことです。

そして1946年からハーマンミラー社にてネルソン最初の製品の一つ製造発売されました。
当時はバーチ材やプリマヴェラ(ホワイトマホガニー)材を使っていました。

そして1967年に製造販売が終了しています。

長らくネルソンベンチはハーマンミラー社のカタログから消えていました。

 

時は随分と経ち復刻したのは1994年です。

ハーマンミラーフォーザホーム(Herman Miller For The Home)の開始によりネルソンベンチも正規復刻しました。その際に素材をメープル材に変更され今に至ります。

 

バリエーションの増加

ネルソンベンチのメタルベース

2010年には4本脚のメタルベースもハーマンミラー社から正規復刻されました。

この金属脚もヴィンテージで存在する仕様です。

今ではウォールナット材を使用したネルソンベンチも存在しますよ。

 

名作家具ネルソンプラットホームベンチに”ウォールナット”があります
ジョージ・ネルソンにより傑作ネルソンベンチに2015年よりウォールナットが新色として加わっています。 このウォールナットの良さや使い方などをヴィンテージベンチと交えて紹介します。もちろん正規品かつ本物。

 

このプラットフォームベンチのデザインはジョージ・ネルソンですが、実際にネルソンしかデザイナーの名前がクレジットされていないので彼一人で作ったとみて良いのでしょうか。

よくジョージ・ネルソンのデザインとして流通している家具でも、実際に手がけたメインデザイナーが存在します。アーヴィン・ハーパー、アーネスト・ファーマーなど優秀なネルソンアソシエイツのスタッフたちが存在しました。

ネルソンは優れたディレクターですからね。

デザイナー業もやっていますがディレクションの天才でもあります。

 

ハーマンミラー社での広告では、発売当初からローテーブルとして使えることをアピールしていましたよ。むしろテーブルとして紹介していたりもします。

 

【ハーマンミラー】実はネルソンベンチは発売当初からテーブルでした【正規品】
ネルソンベンチはベンチなのにテーブルとして使わるのが当たり前になっています。 いつからそうなっているかというと、実は最初からなんですよ。 発売当初の広告を見ればわかります。

 

クラフトマンシップによる製作

ベンチ工場風景

米国ミシガン州ジーランドにあるハーマンミラー本社の工場では、ネルソンベンチを昔とほとんど変わらない製造をしています。

無垢材を裁断して磨きまで行い製品の完成までを一つの工場で完了します。

一点一点に伝統が感じられます。

 

ハーマンミラー米国本社 工場に行った話
ハーマンミラー米国本社にある各工場を案内してもらいました。 イームズやネルソンといった名作プロダクトはここで作られています。

 

ベンチですがテーブルとしてもディスプレイ台としても何でも使えます

このベンチを中心に、後に作られたシェルフやキャビネットが組み合わさるので拡張性も高いです。ネルソンベーシックキャビネットシリーズとして現在正規復刻もされています。

 

ネルソンベンチは座れるし、テーブルにできるし、ディスプレイ台にもなるし、土台にもなるし、足場にできるし、それでいてモダンで格好良い。

わりと非の打ちどころがない家具ですね。

そして飽きない。

どれだけ長年付き合っても、いつまでも良いと思える家具の一つです。

 

余談ですが、このベンチをデザインした理由として”長時間座ったら痛いだろうから来客が長く滞在しないだろう”と思って作ったら、逆に座り心地が良くて長居してしまった。

というエピソードが私の記憶に残っています。

しかし、これの根拠となる話が出てこないので、私の頭の中に残っている都市伝説みたいなものでしょうか。

どこでこの話を読んだのか覚えてないんですよね・・・

 

※追記

ちゃんとネルソンのエピソードであると公式で裏が取れました。

当時タイムライフビルで雑誌「フォーチュン」の編集をしていたネルソンのオフィス用にデザインをしたベンチが元になっています。

ネルソンは雑誌記者に自分のオフィスに長時間滞在してもらうことを好まず、座り心地が悪いであろうこのベンチを来客用としてデザインしました。椅子としては微妙な高さにして格子状にすればお尻が痛いであろうと。

そしたら逆に”座り心地が良い”と記者に評判になり逆に長居されてしまったという皮肉です。

だから製品化ともなったのでしょう。

 

ネルソンベンチは模倣品が多すぎますが、正規のメーカーはデザイナー側にライセンス料を払っています。それに海外の製品に日本の意匠権を引き合いに出してもしょうがないです。

 

ネルソンベンチの本物、ネルソンベンチの正規品を求める方はハーマンミラー正規販売店である下記リンクがお勧めです。

 

【ハーマンミラー正規品】 ネルソンプラットフォームベンチ メープル/ウッドベース Nelson Platform Bench
【正規品】ジョージ・ネルソンによる名作ベンチ。 最も人気があるウッドベースです。 ハーマンミラー正規販売店より。

 

ハーマンミラー製品を買うならこのお店【アーロンチェアのプロ】
アーロンチェアやイームズチェアが特に有名な米国のハーマンミラー社の製品を購入するには正規販売店(正規販売代理店)が一番です。その中で愛知県名古屋市栄にあるこのお店がハーマンミラー製品やアーロンチェアを名古屋で購入するには最高です。全国から多くの注文が入り実績を持ったこのお店はオーナー1人で経営しています。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
イームズや名作家具やアーロンチェアを求める方のお店

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップもあります。
個人への家具販売からホームコーディネートに、オフィスデザイン、事務所や商業施設への家具販売に施工からアフターフォローまで承っています。法人向けのコントラクト販売もしていますのでプロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

名作家具やデザインの話
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました