DANESEクリエイティブ・ディレクターにロン・ジラッドが就任 | 名作家具とデザインの話

DANESEクリエイティブ・ディレクターにロン・ジラッドが就任

イタリアのダネーゼはその歴史こそがダネーゼである理念となっています。 健全な美意識のために必要なメーカーです。

2017年の春に、イタリアのダネーゼ社ではデザイナーのロン・ジラッド(Ron Gilad)がクリエイティブ・ディレクターに就任しました。

ジラッドによって商品構成が刷新され、今後はジラッドの解釈によるダネーゼ像である

ーデザインによって生活者のとしての智慧や自由さをもたらすー

を目指したプロダクトが展開されます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




また、ロン・ジラッドによって、ロゴが変更になりました。これまでのロゴに目を加えた新しいロゴによって、ダネーゼの歴史を引き継ぎつつ新しいプロダクトを開拓したいという意識を表明しています。

これが今までのダネーゼロゴ。

そしてこちらが新ダネーゼロゴ。

違いが判りますか?

新ロゴは目が入っていますよね。

まるで舌を出しておどけているようです。かわいい。

ダネーゼらしいかどうかはわかりません。

Ron Giladは日本でも著名なデザイナーとして製品が多数のメーカーよりプロダクトがリリースされていますが、”ロン・ギラッド”と表記したり”ロン・ジラッド”と表記されたりしますが、同一人物です。

イタリア語に近いのが”ジラッド”で英語に近いのが”ギラッド”なだけです。統一されていません。

これにより、ダネーゼの製品は大きな改革が始まり、数多くの製品が終了しました。

新しいダネーゼは、新しくもあり、ダネーゼらしさを追求したラインナップになるでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告