「 店舗の経営や独立関係の話 」一覧

お店は服装で客質を判断するのでしょうか

お店の人は服装や身なりでお客さんを判断するでしょうか。 私の話しとともに、わざと見た目をみすぼらしくして試す行為についても書きました。 見た目は重要ですが、違った部分で判断しているかもしれませんよ。

記事を読む

こうした考えで販売する家具インテリアが増えています

家具やインテリアを販売するお店をしていますが、少しづつ取引先も増え販売する家具のラインナップも増えました。 ちゃんと考えがあって取扱いするメーカーが増えています。 そうした話を書きました。

記事を読む

実店舗で”取り寄せ”をする意味

一昔前は実店舗でお客さんに雑貨類でもカタログから選んでもらって”取り寄せ”という販売形態が普通でした。 なぜこうしていたかというと、今と違い情報を得る手段は雑誌や口コミぐらいで、欲しい商品があっても購入する手段が実店舗に行くしかなかったからです。しかしインターネットの発達により実店舗で取り寄せをすることはあまり無くなりました。でも”あるところはある”という話です。

記事を読む

透明なテープを使う業界

この家具インテリア業界は梱包するときに高い確率で透明なPPテープを使っているのを見ます。 なぜでしょう?そんな私も使っています。 使いだしたきっかけと理由を書きました。

記事を読む

接客は有料の時代が来るかも

これからの社会ますますオンラインでの決済が当たり前になり、大手企業による圧倒的な市場の制圧が始まります。 そうすると実店舗が必要なくなるかというとそんなことは無いでしょう。 しかし接客という行為は特別なサービスになり、対人間向けに”人間”が行う専門的なものになるかもしれません。

記事を読む

【実際の話】安物買いの銭失いの例

安物買いの銭失いということわざがあります。 このことわざ通りのことを昔経験しました。安いということは安いなりの対応が待っています。 先々を考えると安いというだけで選択するとロクなことにならないかもしれません。

記事を読む

ネットショップで買うには理由がある

ネットショップで購入をするにはネットショップで購入したい理由があります。 本来は実店舗とネットショップではそれぞれの役割が違います。 ポイント?値段?違います。もっと別の理由でネットショップで購入するのです。その例え話を書きました。

記事を読む

商売とビジネスの違い

”商売”と”ビジネス”は同じような意味ですが大きな違いがあります。 私はわざと自分のやっていることを”商売”と呼ぶのには大きな理由があります。 どう違うのかを書きました。

記事を読む

来店が被るのが不思議

お店を経営していると不思議な現象がたくさんおきます。 その中の一つに、「来客者同士のタイミングが被る」というものがあります。

記事を読む

ハーマンミラー製品を買うならこのお店【アーロンチェアのプロ】

アーロンチェアやイームズチェアが特に有名な米国のハーマンミラー社の製品を購入するには正規販売店(正規販売代理店)に行くしかありません。その中で愛知県名古屋市栄にあるこのお店がハーマンミラー製品やアーロンチェアを名古屋で購入するには最高です。全国から多くの注文が入り実績を持ったこのお店はオーナー1人で経営しています。

記事を読む