友達価格に知り合い価格についてどうしているか | 名作家具とデザインの話

友達価格に知り合い価格についてどうしているか

握手

”友達価格”とか”知り合い価格”とか聞いたことありますか?

「友達だから安く売ってよ」

「知り合いだから安くやってよ」

「友達だから割引してよ」

etc…

こんなようなことです。

もしかして言ったことがありますか?もしくは言われたことがありますか?

私は家具・インテリアの販売をしていますが、友達や知り合いだからという理由で安く販売することはありません。

なぜならば、私にとってお金を払っていただくお客さんは全員等しく重要なお客さんだからです。

それがもともと知らない人だろうが、知っている人だろうが均一な対応を心掛けるべきです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




そもそも”友達”とか”知り合い”ってどこからどこまでを区切るのかもあやふやです。

仮に友達価格があったとして、一度でも会ったことがあったら知り合い?顔見知り?何を持ってして友達価格になるのでしょうか。非常に曖昧じゃないですか?

それで会ったことがある程度でも友達価格とかをやっていたら、最初から私のお店が良いと思って来てくれる人たちはなんなんだって話ですよね。

もし私が「知っている人だから安くしますよ~」なんてやっていたら普通に買っていただいている人たちにものすごい失礼です。最高にガッカリするはずですよね。

だから私は特定の人だけ安売りするなんてことはしません。

幸い私はこの地で上下関係も縁故もなくやっているので安売りを断れないということもありません。従わなきゃいけない人もグループも仲間もいません。これは一人でやっている良さですね。

だから「友達価格にしてね」と言われることも殆ど無いんですけどね。(結局は言われたことが無いのでここでこうして書いているわけです。言われたからってことでここで書いているのなら”あてつけ”みたいじゃないですか。)

”会ったことがある” ”会ったことがない”そんなことは関係なく誰だって私にとっては同じく顧客である以上、先に面識があるぐらいで差をつけるのはフェアでは無いと思います。

というより、私のお客さんたちはほとんどの場合お店で初めて会うわけですからそれが当然です。

ただ友達価格は無いのですが柔軟な対応はできます。

相手の事情が分かっていると「こうする代わりにこうできるよ」というようなアイデアが思いつくこともありますからね。

ギブアンドテイクが成立する場合はその都度先方にとって都合が良さそうな提案をします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告