お店は服装で客質を判断するのでしょうか

服装 違い

「服装で来店者がどんな人か判断するか」

うーん、少なくとも私はしないですね。

もちろんある程度の限度はありますよ。極端な話、全裸でお店に来るとか、ぼろ切れで生ごみまみれとかだったらもうその時点で入店をお断りしますよ。そんなことないですから。

そうじゃなかったら身なりで判断しません。というか判断できません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




服装なんて見たって相手がどんな人かなんて決められません。

なにせ私が販売しているのは家具やインテリアですからね、服装がどうだとかで決められる分野じゃないです。

経験上、家に関わることはその人の見た目とリンクしません。

年齢は判断材料の一つになりやすいのですが、若くても二十万円近いワークチェアを買ってもらえることは普通にありますし何とも判断しづらいものです。

高級ブランドを着ていたら高級家具を買うってこともないですし、全身ファストファッションで車も興味なくても家にはお金をかける人もいます。

逆に私なんかは服にお金をかけていない若い人だったら、「そのぶん家にお金をかけられますよね!」って思ってしまったりします。

椅子で数万円、ワークチェアで十数万円、テーブルで数十万円の家具を主に販売しています。 そうすると「金持ち向けの商売」と言われることがあります。 決してそんなことはありません。その誤解を解きます。

でも振る舞いや言動や態度で判断することはありますよ。見た目よりそっちが重要です。

あとでトラブルになりそうな人には関わらないようにします。

横柄とか言葉遣いが悪いとかそういったことでは無いんですよ。

私はお金を払ってもらえる人だったらどんな人でも良いんです、家具やインテリアが欲しい人は誰だって関係ありません。どんな人だって気にしません。

そうじゃない部分での言動や態度です。

具体的に表現するのは難しいのですが・・・そうですね・・・あとでクレーマーになりそうな人には関わらないようにします。

話は変わって。

たまにですね、お金を持っている人がわざと貧乏な振りや身なりをして高級店に乗り込んで、店員に相手にしてもらえなかったり、冷たい態度をとられたなんてことで店側を非難するストーリーがあるじゃないですか。

これですね、態度や言動で判断されているんだと思います。

身なりや外見で判断されているのでは無いのではないでしょうか。(表情も外見ですがこれも重要な要素です)

実際にはお金を持っていて購入するつもりがあるのに、わざと貧乏な振りをしてお店に乗り込むわけですから、そうやって相手を欺いてやろうという気持ちで乗り込む人はお店側にも伝わるんじゃないでしょうか。

だからお店側にしてみると「この人は何かを隠しているし何か不穏だ。あんまり関わらないようにしよう」と判断されているんでしょう。滲み出る雰囲気も充分な判断材料です。

身なりが何だろうが、それで判断できないことぐらいはお店の人だってわかります。(わからないこともあります)

内心を見抜かれているだけですよ。お店側を試すようなことをするような人とはうまくやっていけないという判断をされているんです。お金を払ってもらえようが、そうした人とは最終的にはトラブルになるかもしれないからです。

だからお店側の対応を非難するのはフェアじゃないと私は考えます。

ま、でも、実際に見た目は大切な情報源ですから、そこで判断されることはありますよね。

だから変な対応をされないように自分のためにも見た目は気にした方が良いですよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告