富裕層向けの商売ではありません | 名作家具とデザインの話

富裕層向けの商売ではありません

ショッピング

私の友人や知人が自分のお店に来た時に、販売している家具の価格を見て「高い!」「金持ち向けだな」といった感想を言う時があります。

そういえば、来店された人からごくたまに「お金持ち向けの店ですか?」と尋ねられることもあります。

私は高級家具を販売しているつもりは無いのですが、高級な家具という少々誤った認識があるからだと考えます。それは以前書いたとおり。

高級家具とはどんな価格帯を指すのでしょうか。 どんなメーカーが高級家具メーカーでしょうか。そんな話です。

しかし友人に「それでも椅子ごときに4万円は出せん!」と言われることもあります。

「ダイニングセットで40万円なんてそんな余裕ない!これを買えるなんてよっぽどお金持っている人じゃないと!」とも言われたりすることも。

これはまあそうですね、ただの価値観の違いだと私は思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




何処にお金を使うか この違いです。

例えば上記のことを言う友人も室内犬を飼っていたりします。

ペットはペットショップで購入(10万以上)をしてきて、そこに日々の世話代や病院代などかかるわけです。

購入費や年間の世話代を考えると数十万円は余裕でかかるのが動物との暮らし代です。

ということは、ペットに興味がなかったら数十万円は家具代に使うことが出来るわけです。

同じ収入の人が横に並んだとしても、ペットを飼っている友人は家具にお金をかけられませんが、もう一方の人はペットに興味が無い代わりに家具に数十万円のダイニングセットを購入することが出来ます。

例えば釣りに行く人は釣竿代から交通費など多くの予算が要ります。

例えば腕時計にお金をかける人は場合によっては100万円以上します。

例えば車に乗る人は数百万円単位で予算が変わってきます。

例えばハイブランドの服飾が好きな人は毎シーズンお金がかかります。

例えば、例えば、例えば。

つまり収入の過多ではなく、同じ収入同士でもどこにお金を使うのかの違いでしかないです。

家具に目を向ける人は家具に予算を使って良いと判断して購入されているわけです。

自宅や家具を満足のいくものに仕上げている人でも、高級腕時計を付けている人を見ると「この人はお金持ちだな。そんな高級な腕時計なんてつけられない」と思っているんですよ。

だから私は富裕層向けに商売をしているつもりはありません。誰でも向け。

お金持ちだろうがお金持ちじゃなかろうが、家具やインテリアを求める人には誰でも向けにやっています。 (というより相手の収入や資産に興味を持つことはありません。職業とかも何にも関係ないです。)

老若男女問わず歓迎です。詳しい人も詳しくない人も誰だってウェルカム。

家具やインテリアに目を向ける人が一人でも増えてくれるように日々情報発信しています。

そんなわけで、金持ち向けの商売というのは違いますよ。という話でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告