家具インテリア業界に入ったきっかけ

私はこの家具インテリアの販売に10年以上携わっていて、今となっては独立開業して6年となります。

家具屋を2011年に開業して家具・インテリアの販売をし続けています。 1人で開業して一人で仕事をしているので、大手にはないこだわった独自性の高い内容をやり続けています。

今となっては詳しいなんて言ってもらえるのですが、それこそその10年前は、イームズの”イ”の字も知りませんでした。

全く何にも知らず、突然この業界に入ってきたんです。

それまで家具やインテリア、建築から設計からなんにも勉強していたわけでも何一つ関係ない人生でした。

本格的に今の路線に進むようになったのは、この本がきっかけでしたね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




島崎 信 氏が書いた「美しい椅子」です。

これをたまたまヴィレッジバンガードでみつけて、値段も安いし小さいし、移動中に読めるな!と思って買ったんです。表紙を見て、家具ってなんか面白いデザインがあるんだなって思ってなんとなくです。

それからもう夢中でしたね。

どれも興味深くて見ていて飽きないですし、こんな世界があるんだ!って随分と感心したものです。

その中で特に興味を持ったのがイームズのデザインです。まずイームズってなに?というレベルでしたし、ハーマンミラーなんて知っているわきゃない。

でも、これはすごいと、こんな家具に関わって生きていきたい!と思いました。

そして、こんなアメリカンミッドセンチュリー期の家具インテリアを取り扱う業界に行こうと思い、当時そんなショップがあったので履歴書を出したら雇ってもらえることになったんです。

そんな人間が、今となっては独立するぐらいなんですから、人生は何がきっかけになるかわかりませんよね。

興味があったらこの読んでみてください。まだどこかにあると思いますよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告