2019年最もアクセスを集めた記事トップ10

2019年アクセスが多かった記事

このサイトも更新を初めて早2年半。

アクセスもそれなりにありますので、ここで初めて「アクセス数のあった記事トップ10」をやってみますね。

2019年ではこれらの記事が人気でした。

 

1位 【10年以上利用】Bloggerを利用してわかったメリットとデメリット
【10年以上利用】Bloggerを利用してわかったメリットとデメリット
10年以上グーグル社が提供するブログサービス"Blogger"でブログを書き続けています。 他にもFC2、アメブロ、ジュゲム、この記事を書いているWordpressといった多くのブログサービスを使用してきました。 そんなBloggerの良いところや良くないところをまとめて書きました。これからブログを始める人には参考になるでしょう。

 

最もアクセスが多い記事はもう全然家具とかインテリアとかに関係がない内容でした。

私がグーグル社が提供しているブログサービス「Blogger」の利用歴が長いのでその感想やメリット・デメリットを書き綴っているのですが、興味ある人多いんですね。

 

2位 【ミッドセンチュリーとは】ミッドセンチュリーの正しい意味を詳しく説明
【ミッドセンチュリーとは】ミッドセンチュリーの正しい意味を詳しく説明
家具インテリア業界におけるミッドセンチュリーとはどんな意味でしょうか。 誤用や本来の意味とは違った言葉として使われていますので、本当の意味のミッドセンチュリーを書きました。

 

ミッドセンチュリーは私の専門分野なので書いた記事です。

ミッドセンチュリーがどうも誤った使われ方をしていると感じたので正しい意味として書いた記事です。

かなり私見が入っているので参考程度に読んでもらえると良いです。

 

3位 時計にはアルカリ乾電池より”マンガン乾電池”が向いている説の真相
時計にはアルカリ乾電池より”マンガン乾電池”が向いている説の真相
壁掛け時計や置時計には「マンガン電池が向いている」という話を聞いたことがあるかもしれません。 実際にアルカリ乾電池とマンガン乾電池、そして充電式の電池のどれが時計には向いているかを書きました。

 

これまた家具やインテリアとはあまり関係のない記事です。

「時計の電池はマンガン電池にするべきか」という疑問に答えています。

私も時計を販売しているので、その経験や時計メーカーや修理をする人から聞いた内容をまとめています。

 

 

以上が上位3位です。ここまでは桁が違うアクセス数を誇っています。

 

4位 家具やインテリアは経費になるでしょうか?
家具やインテリアは経費になるでしょうか?
ワークチェアが経費になるかは以前書きましたが、そもそも家具やインテリア自体が経費になるでしょうか。 そんな話を書きました。

 

これは事業者なら誰でも気になることです。

記事で明確な答えが書いてあるわけではありませんので、経費にするかどうかの参考程度にして読んでください。

そもそも経費関係は答えが無いですからね。ケースバイケースです。

 

5位 【リプロダクト家具の真相】リプロダクトとレプリカの本当の意味と使い方
【リプロダクト家具の真相】リプロダクトとレプリカの本当の意味と使い方
名作家具にはリプロダクトやジェネリック、レプリカといった正規品以外の家具が多く存在します。 意匠権切れやライセンスが無いなど様々な理由づけをして模倣品が存在していますが、実際には商標権の侵害ですから違法です。 リプロダクトとは、レプリカとはの正しい意味を書きました。

 

いろいろ問題のある模倣品です。

そもそもリプロダクトは正規メーカーの復刻品を指す言葉だったんです。

いつのまにやらコピーの代名詞になってしまっています・・・

 

6位 【プロ監修】エンボディチェアの本当の使い方と”絶対”知るべき注意点
【プロ監修】エンボディチェアの本当の使い方と”絶対”知るべき注意点
ハーマンミラー社の傑作ワーキングチェアのひとつに”エンボディチェア”があります。 独創的なデザインは座り心地も良くリラックスした後掲姿勢が出来ることで長時間のPC作業に向ています。 本当の価値を書くとともに、絶対に知っておくべき注意点があるのもエンボディチェアです。

 

意外に多いのがエンボディチェアの記事です。

ハーマンミラー社のワークチェアは私の専門でもありますので、かなり内容は良いことを書いていますよ。これ読めばエンボディチェアのことは全部わかります。

プロって・・・

このころはタイトルは試行錯誤(いまも)だったので、一貫したタイトルの付け方をせずに言葉選びを試していました。

 

7位 ワーキングチェアは経費になるか【仕事用の椅子は経費?】
ワーキングチェアは経費になるか【仕事用の椅子は経費?】
アーロンチェアに代表される高機能ワークチェア。 仕事用として購入するには経費として計上できるでしょうか。 そもそもワークチェア自体が経費なるのかを書きました。

 

4位の「家具やインテリアは経費になるでしょうか?」内容が被っていますけど、ワークチェアが経費になるかどうかのこの記事の方を先に書いています。

この記事によってオフィスチェアは経費になるという認識が広まったようです。

 

8位 アーロンチェアのすべてがわかる【歴史から問題・誤解・裏話まで】
アーロンチェアのすべてがわかる【歴史から問題・誤解・裏話まで】
ハーマンミラー社による新型アーロンチェアは世界一有名かつ優秀なオフィスチェアですがその一方で誤解もあります。 本当の使い方や真のレビューとともに腰痛との関連性、誤りや誤解や疑問を解きます。これを読めばアーロンチェアが本当に良いものかすべてがわかります。アーロンチェア使用歴10年以上です。

 

やっぱりアーロンチェアは有名ですからね。

気になる人は多いです。

記事内容はものすごい長文でとてつもなく参考になる内容なのですが、ちょっと記事編集にミスってしまってアクセスが集まらなくなってしまいました。

せっかく良い内容なのにもったいないですね。アーロンチェア検討中の人は読んだ方が良いです。

 

9位 バルセロナチェアの歴史と正規品がなぜKnoll社なのか解説
バルセロナチェアの歴史と正規品がなぜKnoll社なのか解説
有名なバルセロナチェアのストーリーまで知っている人はほとんどいないと思います。 いくつも会社を渡り歩き、ミース・ファン・デル・ローエ自身の想いとともに現在の形に至るまでのお話です。 どうしてKnoll社から発売されるようになったか、どうして正規品かを書きました。

 

バルセロナチェアも名作家具中の名作家具ですからアクセスが多いです。

そのバルセロナチェアの販売経歴まで書いた記事は私のこの内容だけです。

正規品についても触れていますので、バルセロナチェアを知りたい人は読んだ方が良いです。

他のバルセロナチェアのことについて書いているサイトとは格別に情報量が多いです。

 

10位 【必読】名作家具イームズラウンジチェアのストーリーと模倣品について
【必読】名作家具イームズラウンジチェアのストーリーと模倣品について
アメリカンミッドセンチュリー期を代表する正規品のイームズラウンジチェアは最高峰の安楽椅子でもあります。 このシングルチェアの魅力とそのストーリーや発売時の意外な評価、そしてタブーでもある模倣品の話をします。

 

イームズラウンジチェアも名作家具ですからね。

欲しい人や検討している人も多いでしょうから正確な情報に詳しい知識は欲しいものでしょう。

さっきのバルセロナチェアもそうですが、高額な家具になればなるほど調べる人が増えます。

 

 

ということで2019年のアクセス数が多かった記事トップ10でした。

たまーに気づいたらリライトしていたりしますよ。

SEOの加減や更新日が古い方が有利なので一概に人気の記事とも言いづらいのですが、こんな内容を多くの人が読んでいましたよという参考にでもなれば。

 

参考にしてどうするのかって話ですけど。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
イームズや名作家具やアーロンチェアを求める方のお店

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップもあります。
個人への家具販売からホームコーディネートに、オフィスデザイン、事務所や商業施設への家具販売に施工からアフターフォローまで承っています。法人向けのコントラクト販売もしていますのでプロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

コラム
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました