家具やインテリアは経費になるでしょうか? | 名作家具とデザインの話

家具やインテリアは経費になるでしょうか?

個人事業主の私はそろそろ決算が迫ってきました。

家具インテリアは経費?

確定申告をする人たちは強制的に12月末が決算となります。もうそんな季節ですか・・・

決算が近くなるとお店に経費を使おうとして来てくれる人たちがいらっしゃいます。ありがたいことです。

ワークチェア(ワーキングチェア)が経費になるかは以前書いたとおりです。

アーロンチェアに代表される高機能ワークチェア。 仕事用として購入するには経費として計上できるでしょうか。 そもそもワークチェア自体が経費なるのかを書きました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




今回のテーマは、ワークチェアに限らず、そもそも家具やインテリアが経費に出来るか?です。

これは簡単で、仕事に使う家具インテリアなら経費ですよね。仕事道具と同じで良いです。

10万円未満なら消耗品。20~30万円未満は一括償却資産。それ以上は減価償却が必要です。(一括償却資産も減価償却は必要です。)

だからワークチェアに限らず、デスクもテーブルも、収納ボックスも照明も、仕事場で仕事に使う家具である限りは経費という解釈で間違いないはずです。

来客がある場所なら凝った照明でも装飾用のインテリアでも経費ですよね。見た目を飾るのも仕事のうちですから。ショールームや店舗だと特にです。

来客が無いような自分しか働いていない事務所だったら室内の装飾やインテリアは経費にはならない可能性が高いです。趣味と同じ扱いでしょうね。

あくまで仕事として必要な道具。チェア、デスク、収納、照明、時計、etc.そういった家具が経費になります。それも過剰なものでなければ。

あんまり高額なら税務署から指摘が入るかもしれませんし。

そうですね、例えば事務所のラグがペルシャ絨毯で数千万円するとか、作業用の机がヴィンテージ品で数百万円するとかだったら合理性が無いので難しいでしょうね。その高額な家具を置いてあることが仕事の売りとかだったら良いのかもしれません。

椅子やデスクが一つ数十万円ぐらいは普通だと思います。

それがラインでしょうか。私の考えでは。それ以上はちょっとなにか理由が必要かなと。

決算前に経費を増やしておこうということでPCや機械類を新調したりしますが、家具もそうしても良いかもしれません。良い道具と使うと良い仕事が出来ますよ。

私は自分のお店では実際に家具購入関する経費の相談や税に関する相談も受けます。

ちゃんとそういった疑問も解決しないといけません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告