バウハウス創立100年記念全世界限定365脚のミースコレクションとKnollショールームにて特別展示会が開催

限定バルセロナチェア

今年2019年はバウハウス設立100周年です。それを記念してKnoll Japanショールームにて全世界365脚限定のバルセロナチェアとMRコレクションが発売されます。

また、同ショールームにてバウハウスを代表する建築家/デザイナーのミース・ファン・デル・ローエとマルセル・ブロイヤーの2⼈に焦点をあてた特別展示を椅子研究家の織田 憲嗣 氏の協力により開催します。

 

青山に新しく出来たKnollショールームに行ってきました
このあいだ新しく出来たばかりのノルショールームに行ってきました。まさに高級家具の世界です。 内装の写真とともに紹介します。

 

スポンサーリンク

特別かつ希少なミースコレクション

MRコレクション

 

このチェアは、1929年、バルセロナ万国博覧会のドイツ館として建設されたバルセロナ・パビリオンの設計をミースが手がけた際に、スペイン国王のためにデザインしたもので、世界の注目を集めた作品です。ミースは、イリノイ工科大学で、のちにノルの創業者の妻となるフローレンス・ノルの指導者であり、友人でもあったため、1953年にバルセロナチェアの製造権を正式にノルに譲渡しました。以来、このモデルは、建築史のみならずデザインの歴史においてもノルの名を世界に知らしめる象徴となったのです。20世紀を代表するこの偉大な建築家の才能をバルセロナチェアが持つ本質的な優雅さから感じ取ることができると同時に、このチェアは、歴史や世界を越えたモダニズムのシンボルになっています。誕生から90年以上を生き抜いたバルセロナチェア。そのモダニズムと優雅さは、少しも色あせることなく、デザインの歴史を飾っています。

合わせて、このアニバーサリーイヤーに新しいファブリックやレザーにリニューアルしたMRコレクションの販売をスタートします。MRコレクションのバウハウス創立100年アニバーサリーエディションにも、100周年の特別な刻印が押されます。
また、同じくバウハウスで活躍したテキスタイルデザイナーのアンニ・アルバースデザインのファブリックを使ったベルトイアサイドチェアのシートパッドも限定発売します。

【バウハウス創立100年記念モデル】
*価格はすべて税抜価格です *MRコレクションは、レザー仕様、記念モデルの刻印付き

  • バルセロナチェア&スツール(数量限定・エディションナンバー刻印 *スツールには刻印はありません)[仕様]クッション:バウハウスレザー ストラクチャー:ブラッククロームフラットスチール     [価格]¥1,704,000-
  • MR バウハウスエディション – アジャスタブルシェーズロングMRシリーズ[価格]¥1,038,000-
  • MR バウハウスエディション – シェーズロング [価格]¥   862,000-
  • MR バウハウスエディション – アームチェア [価格]¥   686,000-
  • MR バウハウスエディション – アームレスチェア [価格]¥   616,000-

画像文章引用元 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000037698.html

 

バルセロナチェアはなかなかの価格ですが、全世界で365台ということを考えると後でもっと高額で取引されるようになるかもしれません。頑丈な家具なので使いながら所有しておいてプレミアがつくかもと考えると値段以上の価値があるでしょう。

MRの方は特別高額な印象はありません。

いずれにせよバルセロナかMRを購入しようと考えていた人にも選択肢に入るはずです。

 

特別展示会情報

knolljapan

バウハウス創立100年アニバーサリーエディションの発売に合わせ、Knoll Japanショールームでにてミース・ファン・デル・ローエとマルセル・ブロイヤーにスポットを当てた特別展示会が開催されます。

バウハウス当時から現在のプロダクトだけでなく、ヴィンテージオリジナルのプロダクトも展示されます。

この特別展示会には椅子研究家の織田 憲嗣 氏が協力しており、同氏が長年かけて収集したコレクションから展示がされます。

 

【展覧会基本情報】

  • タイトル|「Knoll celebrates Bauhaus ミース・ファン・デル・ローエとマルセル・ブロイヤー」展―織田コレクションより
  • 会期|2019年10月18日(金)~11月2日(土)
  • 時間|11:00-19:00 *会期中無休・入場無料
  • 会場|ノルジャパンショールーム    〒107-0061 東京都港区北青山1-2-3 青山ビル1F (地下鉄銀座線・半蔵門線・大江戸線「青山一丁目」駅0 番出口直結) Tel. 03-6447-5405 Fax. 03-6447-5406
  • 主催|ノルジャパン
  • 企画協力|織田憲嗣 東川町
  • 企画・運営|株式会社インターオフィス

画像文章引用元 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000037698.html

 

場所はこちらです。

バウハウス、Knollファンともに見逃せない情報ですね。

期間的にもデザイナートに合わせて展示でしょう。

 

私も期間中は東京に行くと思うので行けるはずです。

 

マルセル・ブロイヤーの名作「チェスカチェア」とスタムとの裁判について
カンティレバー(片持ち構造)の最初の椅子であるチェスカチェアはブロイヤーの名作椅子です。 しかしマルト・スタムとの裁判によって非常に複雑なストーリーを持っています。これにより一部ではチェスカチェアはスタムデザインであるという記載にもなっています。理由を書きました。
バルセロナチェアの歴史と正規品がなぜKnoll社なのか解説
有名なバルセロナチェアのストーリーまで知っている人はほとんどいないと思います。 いくつも会社を渡り歩き、ミース・ファン・デル・ローエ自身の想いとともに現在の形に至るまでのお話です。 どうしてKnoll社から発売されるようになったか、どうして正規品かを書きました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました