サイト改修作業中のためレイアウトや構成がたびたび変わることがあります

【北欧家具好き必見】三重県立美術館でデンマークデザイン展が開催

デンマークデザイン

 

三重県立美術館でデンマークのデザインにスポットを当てた展示が開催されます。

北欧の名作椅子や食器、プロダクトなどに興味がある人は見逃せない内容ですよ。

 

スポンサーリンク

三重県でデンマークデザイン展が開催

三重県デンマークデザイン

デンマーク・デザイン│三重県立美術館

会期
2019年7月6日(土)-9月1日(日)

休館日
毎週月曜日(ただし7月15日、8月12日は開館)、7月16日(火)、8月13日(火)

開館時間
9:30~17:00(ただし、入館は16:30まで)

 

観覧料
観覧料=一般1,000 (800) 円 学生800 (600) 円 高校生以下無料

( )内は、前売りおよび20名以上の団体割引料金

・この料金で「中谷ミチコ その小さな宇宙に立つ人」、「美術館のコレクション」もご覧いただけます。

・生徒・学生の方は生徒手帳、学生証等をご提示ください。

・障害者手帳等をお持ちの方および付き添いの方1 名は観覧無料。

・県内学校(小・中・高・特別支援)等が来館する場合、引率者も観覧無料(要申請)。

・毎月第3 日曜の「家庭の日」は団体料金でご覧いただけます。

・主な前売り券発売所:チケットぴあ、セブン- イレブン他

主催
三重県立美術館

後援
デンマーク大使館

助成
公益財団法人三重県立美術館協力会

展示協力
PP Møbler ApS, Kvadrat A/S

企画協力
株式会社ブレーントラスト

展覧会について
北ヨーロッパに位置し、バルト海と北海に面した半島と島々から成るデンマーク。近代にヨーロッパ諸国が産業化を進めるなか、職人技の伝統を有するデンマークでは、手仕事に基づく製品の生産に重点が置かれました。とりわけ家具生産においては、1927 年に始まった家具製造業者組合展を背景に、何世代にもわたりすぐれたデザイナーが輩出されています。機能性と伝統を重んじ、シンプルでありながら人間的なあたたかみを感じさせるデザインの数々は、デザイン史に残る名作として、いまもなお世界中の人々を惹きつけてやみません。本展では、デンマーク・デザイン博物館の学術協力のもと、ロイヤルコペンハーゲンの磁器をはじめ、ハンス・ヴィーイナ(ウェグナー)、アーネ・ヤコプスン(アルネ・ヤコブセン)ら黄金期のデザイナーによる20 世紀の名作家具、現代の製品など約200 点を展示します。世界中で愛され続けるデンマーク・デザインの歴史と魅力を、ぜひ会場でご覧ください。

HP http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/000227083.htm

プレス http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/common/content/000837392.pdf

 

このデンマークデザイン展ですが、以前私が東京・新宿にある「損保ジャパン日本興亜美術館」で開催されたデンマーク・デザイン展と同じ内容でしょうかね?

 

デンマークデザイン展に行ってきた話
新宿の損保ジャパン日本興亜美術館にて11/23から開催されている「デンマーク・デザイン」展に行ってきました。 その感想とゴッホの”ひまわり”が展示されている素晴らしさも堪能しました。

 

全体的に打ち出しされている家具やデザインがその時と同じなのと、

 

後援 デンマーク大使館

展示協力 PP Møbler ApS, Kvadrat A/S

企画協力株式会社ブレーントラスト

 

この3者が損保ジャパン日本興亜美術館で開催されたデンマークデザイン展と一緒なんですよ。

 

でも決めつけは良くないですね。

 

いずれにしても三重県や東海の方面で新宿で開催されたデンマークデザイン展に行っている人は少ないでしょうから、デンマークに興味がある人は行くのが良いです。

新宿の時の感想を述べて良いのならむしろ行ったほうが良いです。かなり良い物が展示されていて楽しかったですし資料的価値のあるものも多かったですよ。パントンも外してないのは好印象でした。

 

私は・・・津方面で仕事や納品があれば行きます!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました