アーロンチェアやイームズラウンジチェアを分割払い30回まで金利無料で販売しています
スポンサーリンク

東京・パナソニック汐留美術館にて「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」が2021年7月3日より開催

 

サーリネンとフィンランドの美しい建築 展

東京・港区のパナソニック汐留美術館にて、フィンランドの建築家エリエル・サーリネンの建築・作品を展示する「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」が2021年7月3日(土)~9月20日(月)より開催されます。

エリエルのフィンランド時代に焦点を当て、彼の作品を図面や写真とともに紹介されます。

 

パナソニック汐留美術館 Panasonic Shiodome Museum of Art | Panasonic
パナソニック汐留美術館(東京・汐留)ではフランスの画家ジョルジュ・ルオーのコレクションを常設・企画展で一般公開するほか「建築・住まい」「工芸・デザイン」をテーマとした企画展を開催しています。

 

スポンサーリンク

「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」開催概要

美しい森と湖で知られる北欧の国フィンランド。

日本でもファンの多いフィンランドのモダニズムの原点を築いたのがエリエル・サーリネン(1873-1950)です。

サーリネンはヘルシンキ工科大学在学中に出会ったゲセリウスとリンドグレンと共同で設計事務所を設立し、1900年パリ万国博覧会フィンランド館の建築が好評を博して、みごとなデビューを果たします。初期の作風は、ナショナル・ロマンティシズムと称される、アール・ヌーヴォーの影響をうかがわせながらも民族の独自の文化的ルーツを表現した建築で、当時、独立を求めていたフィンランドの人々を鼓舞させるものでした。

3人はやがて、静かな自然のなかで暮らしながら協働し、芸術家たちと交流できる理想の生活の場として、ヴィトレスクをつくります。住宅、商業建築、公共建築、駅や都市のデザインと、次第に幅を広げていくサーリネンの設計活動は、20世紀前半の近代化と手を携えていました。

その作風は、多様な文化を受け容れつつ民族のルーツを希求した初期のスタイルから、独自の形態を通じて新しいフィンランドらしさを提示しようというモダニズムへと展開します。

本展は、1923年の渡米までのフィンランド時代にスポットをあて、図面や写真、家具や生活のデザインといった作品資料の展示を通して紹介します。つねに革新を求めつつ、自然や風土に根ざし、光と陰影をとりこんで豊かな表情を見せるサーリネンのデザインは、生活のあり方を一歩立ち止まって考え直す時を迎えている今の私たちの心に深く語りかけるでしょう。

展覧会会期
2021年7月3日(土)~9月20日(月)
開館時間
午前10時~午後6時(ご入館は午後5時30分まで)
※8月6日(金)、9月3日(金)は夜間開館 午後8時まで(ご入館は午後7時30分まで)
休館日
水曜日、8月10日(火)~13日(金)
入館料
一般:800円、65歳以上:700円、大学生:600円、中・高校生:400円、小学生以下:無料
※障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料でご入館いただけます。
主催
パナソニック汐留美術館
後援
フィンランド大使館、フィンランドセンター、一般社団法人日本フィンランド協会、一般社団法人日本建築学会、公益社団法人日本建築家協会、港区教育委員会
協力
日本航空
企画協力
株式会社 キュレイターズ
会場構成
久保都島建築設計事務所
パナソニック汐留美術館へのアクセス
HP引用 https://panasonic.co.jp/ls/museum/exhibition/21/210703/

 

詳しくはHPをご覧ください。

サーリネンとフィンランドの美しい建築 展 | パナソニック汐留美術館 Panasonic Shiodome Museum of Art | Panasonic
パナソニック汐留美術館(東京・汐留)ではフランスの画家ジョルジュ・ルオーのコレクションを常設・企画展で一般公開するほか「建築・住まい」「工芸・デザイン」をテーマとした企画展を開催しています。2021年7月3日(土)~9月20日(月)は、サーリネンとフィンランドの美しい建築 展を開催しております。

 

エリエル・サーリネンはエーロ・サーリネンの父親です。

エーロ・サーリネンと言えばアメリカに渡り建築だけでなくKnoll社からペデスタブルシリーズやウームチェアなど発売したミッドセンチュリーモダンマイスターの一人です。

父親のエリエルは建築家、母親のロハはテキスタイルデザイナーですからエーロはサラブレッドみたいなものですね。

1923年に家族で渡米します。

 

チューリップチェアをデザインした「エーロ・サーリネン」のストーリー
建築家であり家具もデザインしたエーロ・サーリネン。ペデスタブルシリーズやウームチェアはあまりにも有名です。 Knollとの関係も深い彼のストーリーを書きました。チャールズ・イームズとも関係が深い人物です。

 

そんなエリエル・サーリネンにスポットを当てた展示は日本では相当に珍しいです。

よもやエリエルの展示がされるようになるなんてすごいですよね。

 

一昔前は建築家や家具のデザインやデザイナーなんて一般的には本当に知られていませんでしたが時代が進むと世の中も変わるものですね。

 

新たに興味を持つ人が増えると良いです。

エーロ・サーリネン関係でミッドセンチュリー好きとしてもルーツですし、フィンランドや北欧デザインが好きな人も見逃せませんね。

 

7月以降はコロナウイルスの状況がどうなるかですね・・・

現状が続くようなら私は東京には行けませんから見に行けません・・・

もうずっと何にも見に行けてません・・・

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのワークチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方へ

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のワークチェアチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップも好評です。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダー(全国一位)でもあることでセールスに知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。倉庫を借り在庫も持ち全国どこでも保証もアフターフォロー可能です。
個人への販売/インテリアデザインに、法人向けにコントラクト販売/オフィスデザイン/商業施設への家具販売納品・施工/アフターフォローまで承っています。プロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

ニュースや新作やイベントの情報
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました