デンマークデザイン展に行ってきた話

東京丸の内にて、ハーマンミラージャパン引っ越しニューショールームオープンとストアリニューアルパーティーがありました。 招待されて行ってきましたのでその模様を書きます。すごく魅力的な社内ですよ。
東京丸の内にあるハーマンミラーストアも増床リニューアルパーティーをしていました。 ショールームだけでなく、そちらも堪能してきましたので写真いっぱいです。

先日ハーマンミラージャパン引っ越しパーティーに行く前に、新宿にある損保ジャパン日本興亜美術館にて催されているデンマーク・デザイン展に行きました。

快適でモダン。伝統と機能美。ヒュゲ(※)を愛する、暮らしのかたち。 日本でもおなじみのアンデルセン童話やレゴなどを生んだ北欧の国デンマーク。九州ほどの小さな国土に約570万人が暮らし、世界で最も幸福な国として知られています。 デンマークは、近年人気を集める北欧デザインの中でも、数々の巨匠を輩出し続けるデザイン大

日本・デンマーク国交樹立150周年記念
デンマーク・デザイン

快適でモダン。伝統と機能美。ヒュゲ[ヒュッゲ](※)を愛する、暮らしのかたち。

日本でもおなじみのアンデルセン童話やレゴなどを生んだ北欧の国デンマーク。九州ほどの小さな国土に約570万人が暮らし、世界で最も幸福な国として知られています。
デンマークは、近年人気を集める北欧デザインの中でも、数々の巨匠を輩出し続けるデザイン大国でもあります。特に第二次大戦後の「ミッド・センチュリー(20世紀中頃)」と呼ばれるデザイン史上の黄金期には、アーネ・ヤコプスン[アルネ・ヤコブセン]、ハンス・ヴィーイナ[ウェグナー]、フィン・ユール等のデザイナーたちが、多くの優品を創り出しました。それらのシンプルな美しさと機能性、技術力に支えられた高いクオリティは、現代までのデンマーク・デザインの大きな特徴をなしています。そこには、誰もが良質で快適な住まいを持つことを推奨してきた、福祉国家としてのデンマークの姿勢がうかがえます。
本展では、デンマークのデザイン博物館の学術協力のもと、19世紀後半からミッド・センチュリーを経て現在に至る、家具、食器、照明器具、日用品等を一堂に展示し、デンマーク・デザインの魅力に迫ります。

※デンマーク語で「温かな居心地のよい雰囲気」という意味の言葉

■【ウェグナーの椅子に座ってみよう!】このコーナーのみ撮影OK!
展示室にはハンス・ヴィーイナ[ウェグナー]がデザインした数種類の
椅子に座ることのできるコーナーを設けています。

作品リストはこちら(PDF)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




開催概要

会期
2017年11月23日(木・祝)~12月27日(水)
休 館 日
月曜日(ただし12月25日は開館)
会場
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
〒160-8338 新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階
開館時間
午前10時-午後6時、金曜日は午後7時まで(入館は閉館30分前まで)
観覧料
■観覧料 ( )内は20名以上の団体料金および前売り料金
一 般:1,200円(1,000円)
大・高校生:800円(650円)  ※学生証をご提示ください
65歳以上:1,000円     ※年齢のわかる物をご提示ください
中学生以下:無料      ※生徒手帳をご提示ください※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を提示のご本人とその付添人1名は無料。被爆者健康手帳を提示の方はご本人のみ無料。
主催
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館、日本経済新聞社
協賛
損保ジャパン日本興亜
後援
デンマーク大使館
展示協力
PP Møbler ApS , Kvadrat A/S
企画協力
ブレーントラスト


ここです。新宿は久しぶりでした。

デンマークデザイン展

デンマーク展ですが、ウェグナーやヤコブセンなど基本は押さえつつ、丁寧に当時のヴィンテージ品が一つ一つ展示されていました。

好印象だったのが展示の最初に書いてある説明に、「ミッドセンチュリーに焦点をあてて」と正しいミッドセンチュリーの使い方をされていたことです。

家具インテリアで”ミッドセンチュリー”が一つのジャンルとしてカテゴライズされています。 本来の意味とは違った言葉として使われていますので、本当の意味のミッドセンチュリーを書きました。

最近北欧だデンマークという人の中には面を食らうかもしれませんね。「ミッドセンチュリーは好みじゃない。北欧が好き!」という人がいますから。

デンマークデザイン図録

図録もしっかり作られているので、価値のある展示だったと思います。

特にスカンジナビアンミッドセンチュリーを知らない人にはより楽しめると思います。最初からちゃんと説明がされていますね。

その展示の中で、ヴァーナーパントンは私の得意なところでもあります。

パントンチェアに関しては展示内容より私の方が詳しいな!なんて心の中で思っていました。

あと、アントチェアもパントンのことが触れられていないのはわざとなのか、それとも知らないのか。

こちらの美術館ですが予備知識なしで初めて行きました。

43階にあり見晴らしが良く展望台代わりになるのがお得な感じがしました。

そしてなによりも、ゴッホの”ひまわり”が展示されていることに驚きました。

《ひまわり》1888年 油彩・キャンヴァス 100.5×76.5cm 1888年2月、パリから南フランスのアルルに移ったゴッホは、その年の8月、ゴーギャンのアルル到着を待ちわびながら《ひまわり》の連作に着手しました。敬愛するゴーギャンの部屋を「ひまわり」の絵で飾ろうと考えたのです。 ゴッホはアルルで

セザンヌの”りんごとナプキン”やゴーギャンの”アリスカンの並木路”も展示されており、まさか観れるとは思わなかったので感動しました。

すごいです。実物は。

デンマーク・デザイン展だけのつもりが、ひまわりまで観れる良い美術館です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告