名作椅子がたくさんあって座り放題!埼玉県立近代美術館

美術館外観

埼玉県さいたま市浦和に「埼玉県立近代美術館」があります。

ここでは美術的価値のある絵画や彫刻などアートを収蔵しているだけでなく、数々の名作椅子をコレクションしてあり別名「椅子の美術館」とも呼ばれています。

どのぐらいのコレクションがあるのか実際に行ってきて確かめてきました。

埼玉県立近代美術館|The Museum of Modern Art, Saitama
緑豊かな北浦和公園に1982年に開館した埼玉県立近代美術館。モネ、シャガール、ピカソなどの海外の巨匠から日本の現代作家まで、優れた美術作品をコレクションして展示しています。またユニークなテーマを設けた企画展を随時開催するほか、自由に座れるグッド・デザインの椅子もたくさん紹介しています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




数々の名作椅子を紹介

埼玉県立近代美術館の住所はこちら。

〒330-0061
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1
Tel 048-824-0111
Fax 048-824-0119

開館時間:10:00〜17:30
(展示室への入場は17:00まで)
資料閲覧室(3階)は13:00~17:30

私は名古屋から行ったのですが、東海から行く場合は東京駅で京浜東北線に乗り換えて北浦和駅で降車すれば徒歩三分です。

いまグーグルマップがちょっとおかしくて、調べると遠回りのルートを表示するので気を付けてください。とにかく北浦和駅に到着するように考えてください。

今日座れる椅子

まず椅子ですが、時期や日によって展示内容が変更します。

受付では”今日座れる椅子”という資料を貰うことができます。

もし全ての椅子を観ようと思ったら展示室内にも行かないといけませんから企画展の入場料が必要です。一緒に企画展も見ていくと良いですね。

ロビー風景

椅子の展示は特別な展示場があるのではなく、この美術館では通路やロビーなど各所に置かれています。

そして椅子はどれでも座ってOK。撮影もOKです。

こちらのロビーにはミース・ファン・デル・ローエのバルセロナスツールにバルセロナテーブルが置かれ、マルセル・ブロイヤーのワシリーラウンジチェアが置かれています。

どんな椅子があったのかいくつか紹介しますね。

ウームチェア

エーロ・サーリネンのウームチェア (ラージではない)

レッド&ブルー

ヘリット・トーマス・リートフェルトのレッド&ブルーチェア

ガーデンチェア

ピーター・オプスヴィックのガーデン・リトルツリー

アーガイル

チャールズ・レニー・マッキントッシュのアーガイルチェア

ダイヤモンドチェア

ハリー・ベルトイアのダイヤモンドチェア

プラットナーコレクション

ウォーレン・プラットナーのプラットナーラウンジチェアとスツール

エリゼ

ジャン・ミッシェル・ヴィルモットのエリゼチェア

椅子達

(奥から)

ジョナサン・デ・バス&ドナルド・ドゥルビーノ&オロ・ロマッツィのパルミラチェア

田辺麗子のムライスツール

柳宗理のバタフライスツール

マルセル・ブロイヤーのチェスカチェア

トムバック

ロビン・デイのトムバックとアイリーン・グレイのアジャスタブルテーブル

サーリネンコレクション

エーロ・サーリネンのペデスタルアームチェアとサイドテーブル (チューリップチェア)

マリリン

スタジオ65のマリリン

タンチェア

ピエール・ポランのタンチェア

パイミオチェア

アルヴァ・アアルトのパイミオチェア

オリヴィエムルグ

オリヴィエ・ムルグのブルム(右)とジン(左)

ガエタノペシェ

ガエターノ・ペシェのドンナ

などなど美術館内を歩けば名作椅子が置いてあります。まだまだ紹介で来てないだけでもっとたくさんありますよ。当然ですがコピー品はありません。

特に珍しい椅子としてドンナ、マリリン、テラッツァ、リクソン、アーガイルでしょうか。これらを座れるというのはあまり無いと思います。

興味深いのは長年使いこまれた椅子という部分です。

新品ではわからないのが、使っていくとどう経年変化していくかです。それがここでは確認できるのが貴重な情報です。椅子の頑丈さも分かりますね。

いま展示されているのはたまたまこれらの椅子というだけで、過去からは本当に多くの椅子がこの美術館にはありました。

椅子だけのカタログも売っていまして、これを見るとかなりの数が収蔵されていたのがわかります。

こちらの美術館では2013年に倉俣史郎展を開催しており、氏の貴重なプロダクトは言わずもがな、その時には代表貴重作のミスブランチも展示されていたそうです。

行っておけば良かったです・・・でも図録が今も残っていたので買ってきました。良かったです。

今後も椅子デザイン関連のイベントを開催することはあるでしょう。

今後の情報に期待しましょう。

椅子好きだったらいつか行ってみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告