【展示会レポート】「Knoll celebrates Bauhaus ミース・ファン・デル・ローエとマルセル・ブロイヤー」展 -織田コレクションより- に行ってきました

Knoll celebrates Bauhaus入口

2019年10月18日から青山のKnoll Japan Showroomにて開催されている「Knoll celebrates Bauhaus ミース・ファン・デル・ローエとマルセル・ブロイヤー」展 ― 織田コレクションより― に行ってきましたので展示の模様をお送りします。

残念ながら本日11月2日までの開催のため、行けなかった人はこの記事で雰囲気だけでも感じ取ってください。

 

バウハウス創立100年記念全世界限定365脚のミースコレクションとKnollショールームにて特別展示会が開催
今年2019年はバウハウス設立100周年です。それを記念してKnoll Japanショールームにて全世界365脚限定のバルセロナチェアとMRコレクションが発売されます。 また、同ショールームにてバウハウスを代表する建築家/デザイナーのミース・ファン・デル・ローエとマルセル・ブロイヤーの2⼈に焦点をあてた特別展示を椅子研究家の織田 憲嗣 氏の協力により開催します。

 

スポンサーリンク

「Knoll celebrates Bauhaus ミース・ファン・デル・ローエとマルセル・ブロイヤー」展の様子

Knoll celebrates Bauhaus光景

この展示で飾らているプロダクトは、椅子研究家の織田 憲嗣 氏が長年かけて収集/研究してきた膨大な20世紀の家具コレクションの一部です。

織田 氏は1946年に高知県に生まれ、百貨店宣伝部勤務後にフリーのイラストレーターなどを経て、椅子研究家となり東海大学教授として教鞭を執りました。

現在は東海大学名誉教授となり、北海道東川町にて「織田コレクションアーカイブ事業」として、自身の1300以上にもおよぶ椅子のコレクションをもとにデザインミュージアム設立に向けて尽力しています。

 

Knoll celebrates Bauhaus光景2

そんな彼の貴重なオリジナルヴィンテージの中で、Knollと関係が深いミース・ファン・デル・ローエやマルセル・ブロイヤーの名作椅子が飾られていました。

なかなか間近で見ることがない名品をじっくり見学することもできたため、私も良い物が見れて感心しましたよ。

 

【バルセロナチェア】ルードヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエのストーリー
バルセロナチェアでとくに有名なミース。その彼自身のストーリーを理解すると巨匠ということがわかります。 世界三大建築家の一人の人生を書きました。
“ブロイヤー” の検索結果 | 名作家具とデザインの話
フリーランスでもある家具屋のオーナーが家具知識や雑談や問題などを書いています

 

Knoll celebrates Bauhaus説明文

今年2019年はバウハウス創立100周年を記念する年でもあり、バウハウスと関係の深いミース、ブロイヤーの名作家具は注目度が高いです。

歴史を垣間見える貴重な展示イベントでした。

現行正規品と見比べるのも面白いです。なにがどう変わっているかを見ることもできます。このアプローチはノルショールームだからこそできる業(わざ)ですね。

 

バウハウス100年映画祭りが上映決定 全国順次開催
「バウハウス100年映画祭」の開催が決定しました。2019年11月23日(土)より渋谷ユーロスペース他、全国順次開催です。バウハウス誕生から100年を記念して、バウハウスに関連した選りすぐりのドキュメンタリー6作品を一挙日本初上映。

 

knolコレクション雑貨

織田 氏のコレクションからバウハウスに関係する小物類もありました。

あまりこうしたアイテムは見ることが無いので逆に珍しいです。Knollのうちわなんてあったんですね。

 

名作椅子、バウハウス、ドイツデザイン好きにはたまらないイベントでした。

私も貴重な製品をじっくり観察して発見もあったので良かったです。

 

限定バルセロナチェア

そしてこのバルセロナチェアはバウハウス創立100年を記念した世界で数量限定365脚のバルセロナチェアです。

日本では僅か2台しかありません。エディションナンバーも付いた貴重品です。確実にプレミアが出ます。

価格は¥1,704,000(税別)です。まだ一台だけ空きがあるそうなので欲しい人はいまのうちにどうぞ。この記事を書いているうちに売れてしまっているかもしれませんけど。

 

青山に新しく出来たKnollショールームに行ってきました
このあいだ新しく出来たばかりのノルショールームに行ってきました。まさに高級家具の世界です。 内装の写真とともに紹介します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました