"ブロイヤー"

ニュースや新作やイベントの情報

ミサワバウハウスコレクションにて企画展「バウハウスの曲線 -バイヤー、ブロイヤー、ヴァーゲンフェルト」が開催

ミサワバウハウスコレクション第30回企画展 2019 年 11 月 15 日(金)~ 2020 年 3 月 19 日(木) 東京・杉並区にある日本唯一のバウハウス専門美術館ミサワバウハウスコレクションにて、「バウハウ...
建築や場所や行ったところ

【展示会レポート】「Knoll celebrates Bauhaus ミース・ファン・デル・ローエとマルセル・ブロイヤー」展 -織田コレクションより- に行ってきました

2019年10月18日から青山のKnoll Japan Showroomにて開催されている「Knoll celebrates Bauhaus ミース・ファン・デル・ローエとマルセル・ブロイヤー」展 ― 織田コレクションより― に行っ...
名作家具やデザインの話

マルセル・ブロイヤーの名作「チェスカチェア」とスタムとの裁判について

カンティレバー(片持ち構造)の最初の椅子であるチェスカチェアはブロイヤーの名作椅子です。 しかしマルト・スタムとの裁判によって非常に複雑なストーリーを持っています。これにより一部ではチェスカチェアはスタムデザインであるという記載にもなっています。理由を書きました。
名作家具やデザインの話

マルセル・ブロイヤーの名作家具ラッチオテーブルはもとはスツール

ワシリーチェアで有名なハンガリーの建築家マルセル・ブロイヤーが手掛けた初期の作品の一つです。 バウハウスのためのスツールでしたが、後にテーブルとして製品化されました。
名作家具やデザインの話

マルセル・ブロイヤーの名作椅子ワシリーチェアの歴史と説明

マルセル・ブロイヤーの代表作ワシリーチェア。 名作椅子の裏側には複雑に長い歴史があります。
デザイナーや人物の紹介

建築と家具とインテリアの名作揃い フィンランドの巨匠「アルヴァ・アアルト」とは

Alvar Aalto (アルヴァ・アアルト) 1898 – 1976 アルヴァ・アアルトは日本で最も有名な北欧の建築家の一人です。昨今、急激に露出が増えたことで彼の作品は広く知られるようになりました。 フィンランドの...
名作家具やデザインの話

名作椅子バルセロナチェアをカンティレバー構造にした「トュウゲンハットチェア」

– Tugendhat Chair – デザイナー:Ludwig Mies van der Rohe (ルードヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエ) 先日まで東京・青山のKnoll Japan Showroomにて開催されて...
ニュースや新作やイベントの情報

バウハウス創立100年記念全世界限定365脚のミースコレクションとKnollショールームにて特別展示会が開催

今年2019年はバウハウス設立100周年です。それを記念してKnoll Japanショールームにて全世界365脚限定のバルセロナチェアとMRコレクションが発売されます。 また、同ショールームにてバウハウスを代表する建築家/デザイナーのミース・ファン・デル・ローエとマルセル・ブロイヤーの2⼈に焦点をあてた特別展示を椅子研究家の織田 憲嗣 氏の協力により開催します。
建築や場所や行ったところ

【プレオープンイベント参加レポート】「長く生きる。”DNA”を繋ぐ50脚の椅子」展―永井敬二コレクションより―

無印良品銀座店6階のATELIER MUJI GINZA Gallery1にて「長く生きる。”DNA”を繋ぐ50脚の椅子」展―永井敬二コレクションより―のプレオープニングイベントがあり、永井氏によるトークイベントに参加してきましたので感想を書きました。
名作家具やデザインの話

ミース・ファン・デル・ローエ最初の椅子の一つ「MRチェア」

バルセロナチェアで有名なミース初期の名作椅子です。スチールパイプの片持ち構造はブロイヤーの影響も受けています。 美しい姿が特徴なエレガントな椅子です。
ニュースや新作やイベントの情報

無印良品銀座にて歴史を感じる椅子展「長く生きる。”DNA”を繋ぐ50脚の椅子」展が開催されます

無印良品銀座店6階のATELIER MUJI GINZA Gallery1にて「長く生きる。”DNA”を繋ぐ50脚の椅子」展―永井敬二コレクションより―2019年7月26日(金) ― 11月24日(日) が開催されます。
建築や場所や行ったところ

名作椅子がたくさんあって座り放題!埼玉県立近代美術館

埼玉県さいたま市にある美術館にはピカソや 川合玉堂といったアートを収蔵していながら、別名”椅子の美術館”と呼ばれるほど多くの名作椅子が展示されています。椅子コレクションを紹介します。
名作家具やデザインの話

カンティレバーの椅子は誰が最初にデザインしたか

片側だけで支えている脚の構造をカンティレバーと言います。 椅子として最初に製品がリリースされたのは1929年ですが、1927年に最初のカンティレバー構造の椅子があります。 誰が最初にデザインしたのでしょうか。
デザイナーや人物の紹介

フローレンス・ノルのストーリー

Knollにおいてもっとも重要な人物のひとりであり、ミースやサーリネンなど優秀なデザイナーを同社に導いた立役者でもあります。 彼女はデザイナーとしてモダンで名作な作品を残しています。
ブランドやメーカー

アメリカンモダンデザインを代表する家具メーカーKnoll(ノル)の詳しい説明

あまりKnollのことは知られていないと思うので、知ってもらえると良いことを書きました。 バルセロナチェア、チューリップチェアと名作が数多くラインナップしているアメリカンモダンを代表するメーカーです。
タイトルとURLをコピーしました