ミサワバウハウスコレクションにて企画展「バウハウスの曲線 -バイヤー、ブロイヤー、ヴァーゲンフェルト」が開催

 

バウハウスの曲線

ミサワバウハウスコレクション第30回企画展
2019 年 11 月 15 日(金)~ 2020 年 3 月 19 日(木)

 

東京・杉並区にある日本唯一のバウハウス専門美術館ミサワバウハウスコレクションにて、「バウハウスの曲線 -バイヤー、ブロイヤー、ヴァーゲンフェルト」が2019 年 11 月 15 日(金)~ 2020 年 3 月 19 日(木)まで開催されます。

 

バウハウスで学んだあと長く活躍したヘルベルト・バイヤー、マルセル・ブロイヤー、ヴィルヘルム・ヴァーゲンフェルトの3名をを取り上げ、グラフィックデザインや家具、建築に、金属やガラスを用いたプロダクトデザインなど幅広い作品群から75点が紹介されます。

また、バウハウス開校100周年を記念して、ヘルベルト・バイヤーが展示デザインに携わった50年記念の世界巡回展と、今年のドイツの取組みについても紹介されます。

 

misawa bauhaus collection

 

スポンサーリンク

バウハウスの曲線 -バイヤー、ブロイヤー、ヴァーゲンフェルト」概要

ミサワホーム株式会社(代表取締役社長執行役員 磯貝匡志)は、ギャラリー「ミサワバウハウスコレクション」(所在地 東京都杉並区高井戸西)において、本日※11/15から2020年3月19日(木)までの期間、第30回企画展「バウハウスの曲線 -バイヤー、ブロイヤー、ヴァーゲンフェルト」を開催します。

1919年にドイツで設立された造形学校「バウハウス」は、14年間という短い活動期間でありながら、デザインや建築、造形教育において、その思想が今もなお世界に多大な影響を与えています。今年は開校100周年にあたり、本国ドイツや日本国内でも巡回展をはじめとした様々なイベントが開催され、盛り上がりを見せています。

国内唯一のバウハウス専門美術館である「ミサワバウハウスコレクション」において、記念すべき30回目となる今回の企画展は、バウハウスにおける”曲線”に着目した展覧会です。

伝統や慣習を捨て、新しいデザインを目指したバウハウスは、伝統的な形態の代わりに基礎教育で得た基本形からデザインを始めたため、特に1924年をピークに様々な工房で幾何学的な形態にこだわる傾向が目立ちます。

しかし、それらはより自然で機能的な方向へと変わっていきます。

基礎教育の授業の中でも、幾何学形だけでなく、自然が作り出す有機物・無機物の形態を研究するパウル・クレーの授業などが知られています。

今回は、バウハウスで学び、その後長く活躍した3名、ヘルベルト・バイヤー、マルセル・ブロイヤー、そしてヴィルヘルム・ヴァーゲンフェルトを取り上げ、グラフィックデザイン、家具、建築、金属やガラスを用いたプロダクトデザインなど幅広い領域の作品群から75点を紹介します。

また、開校100周年を記念して、ヘルベルト・バイヤーが展示デザインに携わった50年記念の世界巡回展と、今年のドイツの取組みについても紹介します。

詳細はこちら (PDF719KB

 

*この件に関するお問い合わせ先

ミサワバウハウスコレクション第30回企画展
バウハウスの曲線に着目し、バイヤー、ブロイヤー、ヴァーゲンフェルトの作品を紹介。2019年11月15日(金)から2020年3月19日(木)まで無料で一般公開

引用 https://www.misawa.co.jp/corporate/news_release/2019/1115/

 

バウハウス好き、デザイン好き、プロダクト好き、それ関係の仕事や建築関係の方々には興味深い内容です。

行く前の注意点としてミサワバウハウスコレクション自体が予約制となっています。休館日を除いた前日までに電話で日時を指定する必要があります。

その辺も詳しくは直接お問い合わせください。

 

私がこの展示を知るのが遅かったためもうすでに始まっていますけど・・・

けど期間は長いのでまだまだいけるチャンスはありますよ。

 

私もこれも行きたいです。

東京いったときに行ってみます。できれば取材許可とりたいですね。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
イームズや名作家具やアーロンチェアを求める方のお店

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップもあります。
個人への家具販売からホームコーディネートに、オフィスデザイン、事務所や商業施設への家具販売に施工からアフターフォローまで承っています。法人向けのコントラクト販売もしていますのでプロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

ニュースや新作やイベントの情報
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました