アーロンチェアご購入者へ専用アームカバーをプレゼントと不要椅子の回収やっています
スポンサーリンク

今までかかってきた電話の話 保証あんのか編

電話

 

お店をやっていると様々な電話がかかってきます。

 

スポンサーリンク

ある日こんな電話がありました。

 

それは非通知でかかってきました。もう4年ぐらい前でしょうか。

※お店は非通知でも出るものです。海外からの場合もありますし。

 

「はい〇〇(店名)です。」

 

電話相手「おい、おい。」

 

電話に出ていきなりこう相手は切り出してきました。

誇張じゃなくて原文ままの喋り方です。田舎のヤンキーみたいな怠い喋り方でしたね。

声からして20~30代の細見の男性です。

 

「(あれ?聞こえなかったのかな?) はい、〇〇です。」

 

電話相手「あのよぉ、おまえんところさぁ、ハーマンミラー正規でやってんだろ」

※ハーマンミラーは米国のファニチャーメーカーの名前です。長期保証が売りの一つ。

 

「はい  (なんだこの喋り方?)」

 

電話相手「おまえんところでさー、買ったら保証どうなるんだよ」

 

「保証大丈夫ですよ」

 

電話相手「でもよぉ、おまえんところみたいな小さい店はさぁ、いつ潰れるかわからんだろうがよぉ。大手がいいんじゃねえのかよ」

 

「潰れるとかそういった話をするのなら大手だろうが同じなのですが、そうならないようにしていますし仮になったとしても保証は継続できるように段取りしていますよ」

 

電話相手「けどなぉ、言うだけじゃねえかよ。お前みたいな小さなやつはすぐ消えるだろうが。」

 

「そんなに心配ならあなたの言うその大手で買えばいいんじゃないですか?」

 

電話相手「あぁ?(威圧)」

 

私(怒鳴るかな?)

 

電話相手「・・・ま、そうやな、そうするわぁ。」

 

電話相手「ま、が・ん・ば・れ・や」※とんでもなくいやみったらしくを想像してください

 

ブチっ!ツーツー(電話切れる)

 

「・・・(受話器を片手に固まる)」

 

純粋な問い合わせじゃないです。相手の雰囲気で察しました。普通のお客さんとかじゃないです。BGMがバックにかかっていて自宅とかじゃない感じでした。

だいたい口が悪いだけの普通の問い合わせの人が「ま、頑張れや」なんて言いませんよ。

 

相手が誰かはわかりませんが、後にも先にもここまでの物言いをしてきた電話はありません。

でも声を聴けば思い出すと思うので、いつかどこかで会うこともあるかもしれませんね。

 

今までかかってきた迷惑電話 足を踏まれた編
お店をやっていると様々な迷惑電話があります。 その中の一つを書きました。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのオフィスチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方のお店

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のオフィスチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップもあります。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダーでもあることで知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。
個人への家具販売からインテリアデザインに、オフィスデザイン、事務所や商業施設への家具販売に施工からアフターフォローまで承っています。法人向けのコントラクト販売もしていますのでプロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

コラム
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました