今までかかってきた迷惑電話 足を踏まれた編 | 名作家具とデザインの話

今までかかってきた迷惑電話 足を踏まれた編

お店をやっていると様々な電話がかかってきます。

お客さんたち、取引先の人たち、業者の人たち、営業、勧誘、etc…

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




ある日こんな電話がありました。

それは非通知でかかってきました。

※お店は非通知でも出るものです。海外からの場合もありますし。

私「はい、(店名)です。」

相手「もしもし、昨日おたくのお店に行ったの。」

声や喋り方を聞く限り、老年の女性でした。不機嫌そうな感じで。

私「そうですか、ありがとうございます。」

(昨日・・・?こんな人来たっけ??)

なぜなら私のお店は自分一人で10坪ほどの小さな店舗です。

お店に来る人たちは記憶に残ります。

相手「いろいろ説明してもらって、たくさん買おうかなって思ったのですが、」

私(ふむふむ)

相手「後ろにいた、おたくの店員に足を踏まれたの。」

私(!?)

相手「それで買おうと思っていたのに、やめて帰ったの。」

私「そうですか。昨日、うちでですか?」

相手「そうよ。」

私「うちで間違いないですか?」

相手「そうだって言ってるでしょ。」

私「へー、うちでねぇ。どんな店員でした?」

ここで相手は切りました。

まずいと思ったんでしょうね。

相手がデパートや大きな店舗ならとかなら謝ったり賠償したりするので、それ目的で片っ端から電話しているんでしょうね。まあ詐欺ですわ。

どうしてそんなことがわかるのか?ですが。

実は私は固定電話番号を二つ持っているんです。

お店には二台電話機があります。

しばらくした後、もう一つの方に電話があって出てみたら、

相手「昨日おたくの店員に足を踏まれたの」

私「さっきかけてきたでしょ」

って、さっきと同じ人が電話してきたからです。

電話番号だけどこかで見て、ひたすらかけているんでしょう。

世の中には困った人が居るものです。

問題の一つとして、その事実が無くても、謝ったり、賠償したり、お詫び品を渡したりする企業やお店があるということです。

だからこういった困った人が居るんですよ。ひたすらかけていたらどこかで当たりますからね。

取り締まることができないので、各自で自衛をするようにするしかないです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告