2018年4月 | 名作家具とデザインの話

「 2018年04月 」一覧

倉俣史朗の硝子の椅子

富山県美術館には数々の名作椅子が展示されています。 その中の一つに倉俣史郎氏が手掛けた”硝子の椅子”が展示されています。名作中の名作を見れてよかったです。 でも本当は同氏の”ミスブランチ”が展示されていたはずでした。

逆に悪い時に始めるといいかも

何かを始めるのには、うまくいかない時や状況が悪い時の方が向いているかもしれません。 私は悪い状況の時に独立をして、それが結果的には上手くいったほうだと実感します。 そんな話です。

【プロが書く】セイルチェアは何が良いのか

ハーマンミラー社から2011年から国内販売されているセイルチェアは同社の中で最もロープライスなワークチェアです。 値段にしてはかなりレベルの高いチェアなので、個人宅でも法人でも多くに選ばれています。 実際に何が良いのか、そして気になる部分、軋み音の本当の話を書きました

タカタレムノスの時計がA’ Design Award & Competition2018の賞を受賞

イタリアで開催されている世界最大級の国際コンペティションA’ Design Award & Competition 2018にて、㈱タカタレムノスが製造している寺田尚樹 氏デザインがデザインした「CARVED」と「CARVED II」がシルバー賞を受賞。 さらに五十嵐威暢 氏がデザインした「eki clock」がブロンズ賞を受賞しました。

むかしハーマンミラー社は時計を製造していました

イームズプロダクトやアーロンチェアといった高品質な家具メーカーとして知られる米国ハーマンミラー社。 前身の会社から数えると100年以上経営している老舗メーカーだけあり、過去には時計を手掛けていたこともあります。 あまり知られていないハーマンミラー社の時計について書きました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告