アーロンチェアご購入者へ専用アームカバーをプレゼントと不要椅子の回収やっています
スポンサーリンク

倉俣史朗の硝子の椅子

 

【名作椅子の宝庫】富山県美術館に行ってきた話
現在「デザインあ」展を好評開催中の富山県美術館に行ってきました。 素晴らしい展示とインスタレーションの数々、そして壮大な景色が魅力の格別な体験でした。 その感想を書きましたよ。

 

富山県美術館には貴重な名作椅子が数多く展示されています。

その中にある珍しい椅子の一つがこれです。

 

硝子の椅子

倉俣史郎 氏が1976年にデザインした”硝子の椅子”です。現物を見たのは初めてです。

この椅子はガラス同士を接着するUV接着剤が開発されたことを知った氏が30分でスケッチして完成に至ったという逸話が残っています。

普通には座れないというのがこの椅子のコンセプトです。

実際には座って大丈夫みたいです。

貴重な作品を見れてよかったです。

スポンサーリンク

硝子の椅子の他には

 

 

ミスブランチ

http://tad-toyama.jp/collection/collection

でも富山県美術館のHPには同じく倉俣史郎 氏の作品”ミスブランチ”が展示してあるって書いてあるんです。

「これ見れるんだ!」と喜んで行ったのですが・・・展示されてなかったんですよね・・・

たぶん行ったタイミング的に無かったんでしょう。その代りのガラスの椅子でしょうか。

 

ミスブランチは日本人デザイナーが手掛けた世界的に有名な椅子で、著名なオークションで超高額な落札価格が付くほどの伝説的なデザインです。

1988年にデザインされたこの椅子は、この世に56脚しか存在しない超レアなものです。

当時は手作りで製造されたため200万円を超す定価がついていました。そのため多くは市場に出回っていません。

 

そんなミスブランチが見れるなんてとワクワクしたものです。

ま、置いてないのはしょうがないので、またいつか実物を見たいです。

富山県美術館にはいつか戻される日が来るのでしょうか。

 

夢としていつか実物を所有したいですね。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのオフィスチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方のお店

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のオフィスチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップもあります。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダーでもあることで知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。
個人への家具販売からインテリアデザインに、オフィスデザイン、事務所や商業施設への家具販売に施工からアフターフォローまで承っています。法人向けのコントラクト販売もしていますのでプロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

名作家具やデザインの話
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました