来店が被るのが不思議

来店

お店をやっていると不思議な現象が起きます。

その中の一つに、「複数の来客が被る」といったものがあります。

来客ぐらい被りそうなものですが、私のやっているお店はちょっと他のお店と様子が違いまして。

自慢でもないんでもないのですが私のやっているお店は来店数がすごく少ないです。一日0人とかも普通にあります。

自慢になるわけないですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




一日に来店がそれほど少ないのに、その来客のタイミングが被るんです。びっくり。

例えば一日に二組の来店があったとして、その二組が同じ時間帯にみえるんです。

なかには示し合わせたように同じタイミングで二組が来店されることがあります。もちろんお互いに知った仲ではありません。

で、それ以外の時間は一日まったく来店がありません。

これが一度や二度じゃなく、もう数えることが出来ないほどあります。

毎回そのたびに「1人なんでうまく対応できなくてすいません・・・」と反省しきりです。なにを反省するかっては話ですけど。

本当は一人一人にちゃんと向き合って対応するのですが、それがうまくできなくなるのが恐縮です。

でも他の時間はまったく来店が無いので、ちょっと時間がずれていたらそれぞれをちゃんと迎えることが出来るのになと心残りでもあります。

いやそれでお客さんに対してどうしろってことはないです。うまく迎えられない私が良くないんです。

こればかりはよめないので、これからもそういったケースは起こると思います。

お店をやっている人は分かるかもしれませんね。この話。

ところで来店がそれほど少なくてやっていけるかですが、お店には目的を持った人が中心に来てもらえるのと、さらに取り扱う家具やインテリアはそれなりの価格になるからです。ありがたいものです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告