アーロンチェアご購入者へ専用アームカバーをプレゼントと不要椅子の回収やっています
スポンサーリンク

【サーリネンのチューリップチェア】ペデスタルシリーズが生まれたわけ

Knoll社のアイコン的デザインの一つ、エーロ・サーリネンがデザインしたチューリップチェアたち、もとい、ペデスタルファニチャーシリーズです。1956年作。

 

チューリップチェアをデザインした「エーロ・サーリネン」のストーリー
建築家であり家具もデザインしたエーロ・サーリネン。ペデスタブルシリーズやウームチェアはあまりにも有名です。 Knollとの関係も深い彼のストーリーを書きました。チャールズ・イームズとも関係が深い人物です。

 

このシリーズなんですが、問題解決のためのデザインでもあるんです。

その問題とは。

 

スポンサーリンク

” 椅子の脚は多すぎではないだろうか? ”

チューリップチェアのコーディネート

エーロが考えた椅子の問題は”椅子の脚が多すぎるのではないか”というものです。

エーロはこう言っています。

 

「椅子の脚は4本もあるし、角度も付いている。脚のレベルでみれば、ひどい混乱状態だ」

 

テーブルに椅子を4台合わせると、テーブルの脚が4本、椅子の脚が4本×4。その場に脚が20本。

この状態をエーロは”スラム”と表現しているぐらいです。

 

1953年にエーロの大学時代の親友で銀行家のアーウィン・ミラーの自邸の設計を請け負い、この家の家具デザインをすることになったのが、これを考えるきっかけになりました。

 

ペデスタルコーディネート

そして、「行きつくところは一本脚である」ということで当時まだ新しい素材のFRPを使用してデザインされたのがこのペデスタルシリーズです。テーブルも椅子もスツールも一本脚。

 

エーロ的には椅子の背から座から脚まで単一の素材で作りたかったみたいですが、当時の技術ではFRP一体成型でこのデザインは強度的に不可能でした。

座と脚を繫ぐ部分が折れちゃうんです。

そこで、その部分を切り離して脚の部分はアルミ鋳物にしました。

そのおかげでスイベル(回転式)仕様を作ったりできるようになりましたね。

 

Knollのデザイナーであるドン・ペティットが一年間エーロの事務所に出向して開発が進められ、1955年にモックアップが完成して、1956年に製品化されました。

 

このペデスタルシリーズについてエーロは、「特殊な形を殊更に考えたのではなく、ただ室内の状態について考えた結果なのである。」と話しています。

 

こうして椅子とテーブルの脚もとをみるとエーロの主張がわかります。一本脚が並んでいる光景はスッキリとしてエレガントです。まるで柱が並んでいるようですね。

 

エーロは建築についての哲学と同様、家具についても哲学を持っていました。
「もし、椅子に問題を発見した場合、その解決方法は椅子とかかわりのある室内にある。」とも語っています。

 

近未来的なイメージが先行するこのペデスタル、チューリップチェアですが、実際は未来とかそんなのをイメージしたわけじゃないんですよ。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのオフィスチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方のお店

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のオフィスチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップもあります。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダーでもあることで知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。
個人への家具販売からインテリアデザインに、オフィスデザイン、事務所や商業施設への家具販売に施工からアフターフォローまで承っています。法人向けのコントラクト販売もしていますのでプロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

名作家具やデザインの話
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました