ボビーワゴン/アイアーマンテーブル/F031デスク/ウルムスツール/プリアチェア/メトロクス製品など2023/3/1に値上がりします
ワークチェアの学割販売を始めました

アーロンチェアやセイルチェア、エンボディチェアなどハーマンミラー社のワークチェアが学割価格にて購入可能です

詳細はこちら
スポンサーリンク

「ストリートビューを無料で撮影する」というグーグルを騙る営業電話に注意してください

グーグルマップの営業

いつもの迷惑営業電話シリーズです。

今回はグーグルを騙る営業電話です。

「ストリートビューの撮影を無料でします」という内容には注意してください。

>>過去の迷惑営業電話一覧はこちら

 

スポンサーリンク

グーグルを騙る営業電話の内容

 

ある日お店の固定電話が鳴りました。

 

女性(声からして中年の女性)『こちらはグーグルストリートビューを担当している○○と申します。オーナーはいらっしゃいますか?』※関西系の喋りで声が大きく語気が荒い

 

私『(いきなり何だこの電話・・・)・・・どのようなご用件でしょうか?』

 

女性『オーナーですか?』

 

私『どのようなご用件でしょうか?』

 

女性『オーナーなんですね!?』

 

私『・・・グーグルの方なんですか?』

 

女性『はいそうです!』

 

私『どのようなご用件でしょうか?』※三回目

 

女性『グーグルストリートビューの無料撮影をしておりまして、店内の様子を無料で掲載して~』

一方的にまくしたてるように長く話始める

 

私『ちょ、待ってください』

私の声は無視してずーっと説明をし続けるのですが声が大きく耳が辛いので私は受話器から耳を離していました

 

女性『聞いとりますか?』

 

私『(やっと終わった・・・)それで御社名は何ですか?』

 

女性『ですからグーグルストリートビュー担当です!』

 

私『いやそれは会社名じゃないですよね?先ほどグーグルですと話していましたが、御社名がほかにあるんじゃないですか?』

 

女性『それはなんですか!?』※なぜか怒り気味

 

私『御社名は無いのですか?』

 

女性『・・・会社名は○○です』

 

私『○○ですね・・・(メモを取る)』

 

女性『会社名が何か必要なのですか!何をしているのですか!』

 

私『この電話は営業電話ですよね?』

 

女性『そうですが!?』

 

私『じゃあ最初に営業電話と言わないといけないし、最初にグーグルと言い本当の会社名を名乗らないのは違法ですよ?』

 

女性『ああそうですか!それなら結構です!』

電話が切られる

 

私『・・・なんで私が断られたみたいになっているのか・・・?』

 

この営業電話は引っかからないようにしてください。

会社名で調べると同様の手口で営業電話をしている内容が見つかりました。

まずグーグルと名乗っているのは嘘です。この時点で聞く価値のない営業電話です。

現在グーグルが直接営業をすることはありません。

 

グーグルマップ(グーグルストリートビュー)は無料で利用もできますし掲載も自由です。

そんなグーグルマップに掲載するための店内写真を無料でするということですが、タダ働きをするために営業電話なんてする訳ないですよね。裏があるから営業電話をしてくるわけです。

無料撮影をする代わりに新電力の切り替え契約や決済手段の契約など求められるようです。

まずいのがグーグルマップへ登録代行をする場合です。

グーグルマップの登録・更新を他企業に依頼をするということは、グーグルアカウントを他企業に抑えられてしまうということです。

誰でも無料で利用できるグーグルマップへの登録・更新なのに毎月費用を払うことになってしまいますし、登録代行業者と契約を打ち切るとグーグルマップ情報が消されてしまいます。

仮に消されても時間をかけて最初から登録をすればいずれ情報は元通りになりますが、それまでの口コミはリセットされますし、何よりグーグルマップの集客が復活するまで無くなってしまいます。

それもあり代行業者と契約を打ち切れないという最悪な状況になります。

 

写真撮影だって自分ですれば良いことですし、掲載した写真が気に入らなければいつでも差し替え可能です。

グーグルマップへの情報掲載は必ず自分でしてください。

それに、他人が勝手にマップへ登録することも出来てしまいますので早めに自分でアカウントを抑えておくべきです。

 

だからこうした営業電話に依頼はしないほうが良いですよ。

ちなみにグーグルは認定フォトグラファーをHPに掲載しています。

認定フォトグラファーが撮った写真でアピールしましょう。お近くの認定フォトグラファーをご確認ください。
ストリートビューの追加や更新は、必要に応じてプロのフォトグラファーに依頼できます。ストリートビュー認定フォトグラファーは、ストリートビュー認定バッジの取得者です。

 

 

こうした営業電話の話題をたまにこうして書いているのですが、たまに該当の迷惑電話をした会社から直接クレームがあることがあります。

こうした記事を書くと非常に皆さんに好評なので影響力があるんでしょうね。

たまに私を訴えると脅してくる会社もあるので面倒です。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのワークチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方へ

ミッドセンチュリーデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のワークチェアチェアの専門家(私)のお店です。オンラインショップはamazon payと楽天ペイの利用が可能です。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダー(全国一位)でもあることでセールスに知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。関東に倉庫を借り在庫も持ち全国どこでも保証もアフターフォロー可能です。
個人への販売/インテリアデザイン/法人向けにコントラクト販売/オフィスデザイン/商業施設への家具販売納品・施工/アフターフォローまで承っています。プロの方もご相談ください。

知っておくと良い知識や雑学
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました