アーロンチェアご購入者へ専用アームカバー/エンボディチェアご購入者へフットレストのプレゼントをしています。不要椅子の同時回収処分もやっています。セイルチェアの受注生産仕様の在庫もご用意。こちらから在庫一覧で購入できます。
スポンサーリンク

NISSAN CUSTOMIZE 2021で”走るオフィス”仕様キャラバンが発表され椅子はハーマンミラーが装備

 

家具の配達用にハイエースかキャラバンが欲しいなぁと調べていたら、ちょっと前の記事ですがこんな特別なキャラバンの存在を知りました。

 

真のプロフェッショナルのためのビジネスバン、「NV350キャラバン」に、これからの自由な働き方に合わせて好きな場所でデスクワークができる「オフィスポッド」を組み合わせました。

エクステリアは、フロント、リアのオーバーフェンダーやボディグラフィックをあしらい、オンロードもオフロードもこなせるオールラウンダーを表現。インテリアは、都会ではオフィスを車内に格納してプライベートで安全な空間、自然の中ではオフィスをバックゲートから引き出して広々とした開放的な空間を演出します。

また仕事の合間にはゆったりとくつろげるよう、室内からアクセスできる贅沢なルーフバルコニーを用意しました。

特設Webサイト「NISSAN CUSTOMIZE 2021」https://www2.nissan.co.jp/EVENT/CUSTOMIZE/

 

日産キャラバンの内装をオフィスに改造したコンセプトカーです。

面白いですよね。

 

キャラバンの進化系がスゴい! 日産が本気で作った“走るオフィス”とは?(GQ JAPAN) - Yahoo!ニュース
1月14日、日産自動車は、商用車「NV350キャラバン」をもとに、移動オフィス仕様に改造した「オフィスポッド・コンセプト」を発表した。

 

ニュース記事もあったのですが、注目としては使われている椅子です。

例えば上記ニュースサイトだと「ハーマンミラーのオフィスチェア」が使われていると紹介されています。

 

コンセプトカー

使われているのはコズムチェアですね。

 

【Cosm Chairの性能紹介】ハーマンミラーからコズムチェアが新発売
ハーマンミラー社から最新オフィスチェアのコズムチェアが新発売されました。 cosmの性能と紹介、実物展示に試しながらの特性とレビューとそしてローンチパーティーのレポートをお届けします。

 

ちょうど上写真に使われている仕様と同じものです。

ベース部分を改造してキャラバンに装着されていますね。

大々的に宣伝しているぐらいですから日産とハーマンミラーとで合意を得ているのでしょう。

 

しかし意外な会社同士の組み合わせですね。日産ですから椅子も自分たちで用意をすれば良いのに何故しなかったのでしょうか?

オフィスシーンを想定している以上、オフィスチェアとして実績ある会社としてハーマンミラー社を使ったほうが注目が集まると考えたのでしょうかね。

 

それでいてアーロンチェアやセイルチェアではなくコズムチェアというのが特殊で良いですね。

 

【2021年最新】あなたへのおすすめワークチェアがわかる!最高の椅子選び【ハーマンミラー編】
座り作業のための最高の椅子を探している人にお勧めなのがハーマンミラー社のオフィスチェアです。 アーロンチェア、エンボディチェア、セイルチェアと長期保証高性能が目白押しです。 どれをどんな用途で選ぶべきか詳しく説明します。オフィスチェア選びの決定版!

 

車の中にプライベートオフィスを作るのはキャンピングカーの延長線上としてこれから需要が増えるのでしょうか。

移動もできるので仕事が便利になるかもしれません。

営業職の人たちはこのスタイルにしたら良いのでは?

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのワークチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方へ

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のワークチェアチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップも好評です。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダー(全国一位)でもあることでセールスに知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。倉庫を借り在庫も持ち全国どこでも保証もアフターフォロー可能です。
個人への販売/インテリアデザインに、法人向けにコントラクト販売/オフィスデザイン/商業施設への家具販売納品・施工/アフターフォローまで承っています。プロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

ニュースや新作やイベントの情報
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました