ビルの二階でお店をやるのはどうなんでしょうか

窓の景色

私のお店は古いビルの二階にあります。

エレベーターも無く、狭い階段を上がった先にあるのでなんだか不穏な雰囲気です。

店なのかどうかもわからないでしょうし、入って良いのかどうかもたぶんわかんないかもしれません。

今ではもうほとんどありませんね、二階で家具インテリアを販売するお店は。

2000年中盤ぐらいまでは東京では珍しくなかったです、こういったスタイルは。名古屋もいくつかありましたよ。以前は。

私はたまたま二階でやっているのですが、二階が気に入って始めたというのもあります。 (どっちだ)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




通常お店をやるにはビルの二階は不利になります。

・通りがかりの来客がほとんどない

・何をやっているお店かわかりづらい

・入店ハードルが上がる

・大きなものを販売するには上り下りが大変。搬入に制限がある。

などなど。

来客を期待するお店となると宜しくない要素がたくさんあります。

でも二階の良いところもあります。

・家賃が路面に比べると安い

一般的にはこれぐらいでしょうか?

他何かありますか?いまちょっと思いつきませんでした。

しかしこれは重要です。

そうじゃなかったら栄のような繁華街で家賃なんて払っていけないですよ。

でも先述のそもそも来客が無いので稼げないという問題もあります。

しかし来客が少ないのは、お店のやり方によってはメリットになりえます。

私のように、一人一人をしっかり時間をかけて対応し、良い物を販売している場合は向いています。

そして一人でお店もやるのにも都合が良いです。

1人で仕事をする以上、仕事量に限界があります。とにかくたくさんの来客をひっきりなしに対応することは現実的に不可能ですよね。

どんな人がどんな目的で入店しているかわかりませんし、多くの人から本当に目的があって来てくれた人を見逃してしまうかもしれません。というよりそうなると思います。

そんなわけで、私の集客方法は、インターネットで調べて発見してください。というスタンスです。

広告も出していませんし、日々のブログとHPが中心です。

自発的になにかしらのキーワードで検索しないと、うちの店は見つけられないでしょう。(あと口コミ)

そうしたうえでお店に来てくれるということは、なんらかの目的がある場合が多いです。

※別に目的が無くても良いですよ。

普段はほとんど来店がありませんが、たまーに来店があります。

一週間来店が0とかありますからね。本当に。大丈夫かって不安になりますけど。

そんな来客数の少なさでやっていけるのか。ですが、私の場合、家具を販売しているので、家具インテリアは一つ一つがある程度の価格がしますし、物件によっては相当な金額を扱うことがあります。法人向けの販売もしています。

もちろん、金額の大小にかかわらず、お客さんは全員感謝しています。

それに、私自身も一人一人にちゃんと接して相談して提案して家具を販売するのが理想ですから、まさにピッタリなんですよ。

通りすがりの来客もごくたまにはありまして、たまたま外からお店を見かけて来店してくれた人が、今でも何年来の付き合いで家の中の家具をほとんど販売させてもらったってこともあります。

ほとんど来店が無い店のビルの二階なので、来店してくれた人と面と向かってコミュニケーションをとりやすいんです。

それに、何か引っかかるものがあるからわざわざ二階まで上がって謎のお店に入ろうと思うわけですものね。

ビルの二階は来店が少ない代わりに、目的を持った人の来店がわかりやすく、さらにコミュニケーションがとりやすいということにあります。

だから私は二階が好きですね。

そうした目的に店に向いていますよ。

でも実際問題家具の搬入出は大変ですし、バリアフリーじゃないのでそういった人の来店は申し訳ない。ということにもなっています。

あ、あと、不定休にしていますので、たまに仕事でお店を休むことがあります。

それも事前にブログやHPを見る人たちが中心となると、休むことを知ってもらえる場合が多いのでお店が休みの時にに来店が多くて残念なことになるケースが少ないでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告