マハラムというNYのテキスタイルブランドの説明

先日東京に居た時に日本のマハラム社の方とランチに行っていたんです。

仕事の話や雑談をしながら、テキスタイルの魅力や価値を伝えること、それを売り上げにするということは日本では難しいものだと思いますし、多くのことを考えたりしているということがわかって良かったです。価値を伝えてわかってもらうことが大切です。

やはり人は人と面と向かって話すのが一番です。

いまマハラム日本法人にいる人たちは、すごく優秀な人たちなので大丈夫でしょう。

マハラム社は米国で100年以上の歴史を持つ格式と地位を持った会社ですが、日本では世間的には知名度が少ないのでこれからだと思います。

今回はマハラム(Maharam)とはどんな会社を説明します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




マハラムテキスタイル

Maharam(マハラム)は1902年に米国ニューヨークで始まった伝統ある格式高い老舗のテキスタイルメーカーです。

マハラムは舞台装飾から事業が始まりました。長い歴史の中で作り上げてきた上質なテキスタイルは、現在では家具やインテリア、ファッション、壁紙や内装、グラフィックまでと幅広い分野で活躍しています。
その洗練された妥協のない生地開発と経営センスは、相当なレベルの高さを持って展開をされています。

マハラムの生地はニューヨーク近代美術館(MOMA)やシカゴ美術館に永久収蔵品とされ、クーパー・ヒューイット・デザイン・ミュージアムから賞を受賞するなど、各方面から高い評価を得ています。

またオフィスや品質管理も素晴らしく、ニューヨークのマンハッタンにあるデザインスタジオは”まるで美術館のようだ”と感じられるほど美しいインテリアデザインをしています。各所に配置されたアートや美術品はそこで働くデザイナーの美意識を高める効果もあります。

梱包から倉庫の収納方法に至るまで効率的ながらもこだわりを感じられます。

常に革新的であり続けるテキスタイルブランド、それがマハラムです。

Maharam is North America's leading creator of textiles for commercial and residential interiors.

また、チャールズ&レイ・イームズ夫妻やアレキサンダー・ジラードのファブリックを正式に復刻生産しているメーカーでもあります。

”イームズ”の名前は有名ですが、イームズと検索すると間違った情報や嘘や誤解がある情報がほとんどです。 イームズとはいったどんな人物か、どんなことをしたのか、詳しく正しい情報をお伝えします。 もともとは建築家であり、家具のデザインだけでなく映画撮影までしていました。
イームズというとチャールズ・イームズのことを指すことが多く、もしくは「イームズ夫妻」と二人組で紹介されており、レイ・イームズ彼女自身に焦点を当てたストーリーはあまり見ません。 そこで彼女の生涯を書きました。
アレキサンダー・ジラードはハーマンミラー社のテキスタイル部門のデザインディレクターとして活躍しており、多くの魅力的なファブリックを世に送り出しました。 建築家でもあり、家具や内装のデザインもして、民芸品のコレクターでもある彼の生涯を書きました。

私はニューヨークのデザインオフィスに行ったことがあります。ものすごい内装です。驚きでした。

ニューヨークのマンハッタンにある老舗テキスタイルメーカー「マハラム」のニューヨークオフィスに訪問した時の話です。 あまりにもレベルが高い空間に感心しかありませんでした。 これほどの上質なものに囲まれた空間ならデザイナーの意識も高まります。

マハラム社のテキスタイルは以前まで日本では”ある会社”が輸入代理店をしていたので、その会社を通してマハラムの生地が国内では流通していました。

一般的な生地会社だったのでわりとマハラムの生地が手に入りやすかったです。知名度的にはあまりありませんでしたけどね。

それから2014年に米国でマハラム社がハーマンミラー社のグループに加わり子会社になりました。

その関係で、日本でもマハラムの現地法人が設立され、そこからマハラムのテキスタイルは正式に国内で流通するようになったのです。

輸入代理店をしていた会社からは当然購入できなくなりました。本陣ができたわけですから。

有田焼とマハラム

(arita16/16とマハラムのコラボレーション。ショルテン&バーイングスのデザイン)

その代り、日本法人が出来たのでちゃんとブランディングされるようになりました。国内企業とのコレボレーションもするようになりました。吉田カバンやカリモクなど、これからも多くの展開が期待されます。

ラグのメーカーとしても今後が期待されます。

非常にクオリティの高いダンスキナのウールのラグがマハラムジャパンより国内販売されます。 ディレクターにヘラ・ヨンゲリウスを迎え、糸から作る本当に質の高い逸品です。
ニューヨークの老舗テキスタイルブランド「マハラム」がアクセサリーを展開。 有田焼、カリモクニュースタンダード、ポーターとコラボレーションします。

今では家具インテリア業界のみならずマハラムの名前を知ってもらえているようになっています。

以前は同じ業界の人でもマハラムを知らない人がいましたからね。玄人向けの生地会社みたいな印象でした。

でもマハラムは日本ではまだこれからですので、認知度も少ないですし存在が見えづらいと思います。

そのため、”マハラムの生地が欲しくてもどうすればいいのかわからない”や”値段もわからないしよくわからない!”ということになっちゃうんです。

そうして日本語で”マハラム”とググると、私のお店のHPがトップに出てくるんですよ。

※ちょっとHPのリニューアルに失敗して今は出なくなっちゃいました・・・今はこのサイトが検索上位に来るようになっています。その代り、「マハラム 生地」と検索すると今でも私のお店が検索トップに出てきます。

このおかげで、マハラムの生地が欲しいという電話やメールが頻繁に来ます。

ほとんど法人なんですよね。設計会社、デザイン会社、家具工房、様々な会社から日々電話やメールがあります。だいたいの内容は「物件の指定として生地がスペックされているけど、マハラムの生地はどうやって手に入れるのかわからないし、金額も分からない」のような内容です。

これですね、マハラムの方針で生地だけの小売りはやっていないので、私もそれだけの販売はしてないんです。

だからいつも話を聞いて、紹介できそうならマハラム日本法人をそのまま紹介します。

ここで私が間に入ってどうこうするより、当事者同士でやってもらった方が都合が良いですよ。

だから私は仲介だけして終わりです。

ただ親切でやっているだけです。

たまに私が販売しているという疑惑があるらしいのですが、マハラムの日本法人が設立されてから一度も私は生地を販売していませんからね。マハラムに聞いてみてください。三年以上もただひたすら紹介だけしていて、もう本当に大変なんですよ。別に私には何のメリットもありませんからね。紹介したところで仲介したところで何一つ私には利益がありませんから。それでいて「本当は生地を売っているんじゃないか?」なんて疑惑をもたれること自体が不本意ですよ。

で、そうした日々の中で、その中の一つの結果としてこんなのがあります。

サンマリノさんが展開するTESというブランドのTシャツです。
胸ポケットにマハラム社の生地を使いたいという要望が私に入り、マハラム日本法人と繋げたことで完成したTシャツを贈ってもらえました。

つまり報酬がこのTシャツです。ありがたいことです。唯一の報酬です。

相手によっては、お礼すら言われないこともありますからね。電話で話していて「じゃ、お願いしまーす」とだけしか言われないとかです。

それどころか「早くしてください」と何故か急がされたり、「いいから連絡先教えろよ」なんて言う人がいますからね。びっくり。教えてもらうのも相手を動かせるのも当たり前だと思っているんでしょうね。

Tシャツを贈ってくれたご本人は退社して独立されたので、またどこかで何かがつながるかもしれませんね。

たまにはこんな良いことがあるなってうれしく思いました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告