アーロンチェアご購入者へ専用アームカバーをプレゼントと不要椅子の回収やっています
スポンサーリンク

ヴァーナー・パントンのパントップはベルのような名作ライト

パントップ

– Pantop –

デザイナー:Verner Panton (ヴァーナー・パントン)

パントップ(Pantop)はヴァーナー・パントンが1980年にデザインをした照明で、ベルのようなシェードを持つのが特徴です。

本来はテーブルライト、フロアライトなどバリエーション豊かなシリーズです。

パントンらしさを感じない隠れた名品です。

 

パントンチェアで有名な北欧の奇才ヴァーナー・パントンのストーリー
パントン自身のことは、あまりよく知られていません。情報も少ないので珍しい内容になったと思います。 以前まではヴェルナー・パントンという表記でしたが、最近はヴァーナー・パントンになっていますよ。

 

スポンサーリンク

鈴のようなパントンのライト

オリジナルのパントップ

パントップは1980年にデザインされたものですので、パントンのデザインの中でも後期の照明デザインです。

パントンの照明と言えばまさにポップでキッチュを地で行く尖ったデザインの印象がありますが、1980年以降の照明デザインはシリアスな印象の物が多いです。

このパントップも流れるような流線型のフォルムこそパントンらしいですが、派手さはなくまとまっている印象を受ける照明デザインです。

 

でも上写真をみてキノコのようにも見えますから、そう考えると一気にパントンっぽく感じます。

 

以前のカタログ

上写真は7、8年前のカタログですが、パントップもバリエーション豊富に製品化がされていました。

それから廃盤や製造中止が続き、現在正規品は変わらずVERPAN社にて復刻され製造されていますが、ペンダントランプのみの展開です。

色もモノトーンのみです。

 

ヴァーパンはパントンの正規復刻メーカーです
ヴァーナー・パントンのプロダクトを正規製造復刻しているのがヴァーパン(VERPAN)です。 妻のマリアンヌが監修に携わっており、本当の復刻といえます。

 

シェードの内側

深いシェード構造は光を深く反射することで、下の環境を明るく照らしてくれます。

この見た目だと詳しい人で無い限りパントンのデザインだとは気づかれないと思います。

それがまた良いのかもしれませんね。

 

パントンといえども、派手でカラフルなだけではないということが良く分かる照明です。

まさに北欧の照明といった装いです。

 

目立たないですがさりげない名作照明としてこの好む人には好まれていますよ。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのオフィスチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方のお店

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のオフィスチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップもあります。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダー(全国一位)でもあることで知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。
個人への家具販売からインテリアデザインに、オフィスデザイン、事務所や商業施設への家具販売に施工からアフターフォローまで承っています。法人向けのコントラクト販売もしていますのでプロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

名作家具やデザインの話
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました