パントン自身のデザインをリメイクしてたどり着いた椅子「パントニック」

パントニックチェア

– Pantonic –

デザイナー:Verner Panton (ヴァーナー・パントン)

パントニックはカンティレバー(片持ち)構造を採用した成形合板を素材として採用したポップなデザインの椅子です。

パントン自身のパントンチェアをセルフリメイクしてたどり着いたデザインです。

パントンチェアで有名な北欧の奇才ヴァーナー・パントンのストーリー
パントン自身のことは、あまりよく知られていません。情報も少ないので珍しい内容になったと思います。 以前まではヴェルナー・パントンという表記でしたが、最近はヴァーナー・パントンになっていますよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




パントン自身のセルフリメイクの歴史

パントニックチェア

パントニックチェアがデザインされたのは1992年です。ヴァーナー・パントン晩年のデザインの一つです。

この椅子に至るまでには1955年まで話は遡ります。

Sチェア

1955年にパントンはヘリット・トーマス・リートフェルトの「ジグザグチェア」をオマージュして「Sチェア」をデザインします。

この時は成形合板で製作をしていました。

その後、更なる可能性を求めプラスチック素材を使い何度かデザインを繰り返して1967年に有名な「パントンチェア」が出来上がります。

プラスチック一体成型の名作椅子「パントンチェア」のストーリー
プラスチック一体成型で製造された椅子としては世界で初めてのパントンチェアは複雑な経緯で製品化されました。 おそらくもっとも詳しく説明していると思います。

パントンチェア以降、パントンはプラスチック、ファブリック、金属を使い色彩豊かな斬新なデザインの家具をいくつも手掛けます。

そして1980年代に入ると、また成形合板を使った家具作りを始めます。

アートチェア

(VERNER PANTON The collected works)

そして1981年の「アートチェア」が出来上がりました。

これは「Sチェア」と同じ素材である成形合板を使いつつ、自身の「パントンチェア」をセルフリメイクして作り上げた椅子です。

写真のモノ以外にもいくつか形にバリエーションがありました。

以降合板を使った椅子をいくつかデザインをして1992年にこのパントニックチェアが生まれます。

複数のパントニックチェア

当初の構想である成形合板を使った椅子として製品化されたものですが、デザイン自体は自分の過去の椅子をオマージュして作られたものです。

見るからにユニークなデザインが目を惹く奇妙な姿をしています。人?をモチーフにしたデザインは1981年のアートチェアの時にすでに存在しています。その時はモザイクのようなカクカクしたデザインだったので、それをもとに流線型にリデザインした姿とも言えます。

このパントニックチェアにはホグチェアというもっと簡素なデザインの椅子もバリエーションとしてあります。

ハグ社によって製造されました。

現在は製造されていません。

並んだパントニックチェア

パントンというとプラスチックデザインが著名ですが、合板を使った奇抜なデザインの椅子もいくつも残っています。

パントンにとってカンティレバー構造はもしかしたら重要な要素だったのかもしれません。製品化に至っていない資料レベルも含めると本当に数多くのデザインが存在します。

パントンは80年以降は自分のデザインのリメイクが多かったので、パントンチェアに限らずいろいろな家具の素材違いや形違いを手掛けていました。

しかしよーく見ると人じゃないのかもしれませんね。これ。

私はずっと口を開けて横を向いている人の顔だと思っていたのですが、もしかしたら別の何かなのかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告