アーロンチェア、エンボディチェア、コズムチェアとモニターアーム&ディスプレイとの特別セットキャンペーン実施中
スポンサーリンク

日本のプロダクトデザイナーのパイオニア渡辺 力によるモビールとは

製品化したモビール

– Riki Mobile –

デザイナー : 渡辺 力 (Riki Watanabe)

 

日本のプロダクトデザインのパイオニアである渡辺 力 氏はさまざまな製品をデザインしていました。

それだけでなくホテルやショールームに飲食店などの設計・内装も手掛けており、そうした場所ではインテリアデザインとして天井から吊るしてゆらゆら動くオブジェ「モビール」もそのために都度作っていました。

現在それらのモビールを㈱メトロポリタンギャラリーが正式に製品として製造して販売がされています。

 

日本のプロダクトデザインのパイオニア「渡辺 力」とは
戦前から日本でデザインをしているパイオニアのような存在であり、重要なデザイナーです。彼のことを知らずして日本のミッドセンチュリー期は語れません。イームズやハーマンミラーとも関係があります。

 

スポンサーリンク

渡辺力のモビール達

リキモビールミヤマ

こちらは現在「リキモビール ミヤマ」として製品化され販売されている力 氏がデザインをしたモビールのオリジナルヴィンテージです。

1983年に東京の新宿京王プラザホテル内の日本料理店「みやま」を力 氏が手掛けた際にインテリアデザインとして作られたものです。

ご覧のようにオリジナルの原型は6枚の杉板で構成されており、天井が高く広い空間にはその存在感を発揮していました。

川を泳ぐ小魚がモチーフになっています。

2011年に渡辺力氏が100歳を迎えたことを記念してリキモビールとして製品化する際に最初に選ばれたデザインです。本人監修により製品化されました。

その際に家庭向けにモビールの数を3蓮と4蓮にしてオリジナルより数を少なくしました。理由は簡単で6蓮を吊るせるような空間は少ないからです。

このモビールは力氏が『私の夢そのもの。微風で軽やかに動く』とコメントを残すほどの存在です。

 

【METROCS/メトロクス】 リキモビール ミヤマ RIKI Mobile Miyama
1983年、東京・新宿京王プラザホテル内の日本料理店「みやま」のインテリアデザインの一部としてデザインされました。 オリジナルの原型は6枚の杉板で構成され、広い空間にその存在感を発揮していました。 2011年、渡辺力氏の100歳を記念して、一般家庭での使用を考えたサイズでリデザインされ、メトロクスより製品化。

 

銅板モビール

似たデザインで銅板で作ったモビールも存在します。

こちらは私もどこで使われたものかは忘れました。すみません・・・曖昧なサイトで・・・

これはかなりブルーノ・ムナーリの影響を受けていると思われます。

ムナーリの「役に立たない機械」にそっくりです。銅を使ったところが力氏っぽいです。

 

DANESEとも縁が深い「ブルーノ・ムナーリ」のストーリー
デザイナー、画家、彫刻家、絵本作家、教育者と様々な顔を持つイタリア人デザイナー。 ダネーゼとの関係も深く、イタリアンデザインを黎明期から活躍した人物です。

 

リキモビールシャンブル

銅板と言えば製品化された「リキモビール シャンブル」です。

これは1976年に新橋第一ホテルのバー「シャンブル」のインテリアデザインを手掛けた際に作られたモビールです。

銅は力氏がもっとも愛した素材であり内装にも銅を上手く使った設計をしていました。

このモビールに限らず銅を使ったプロダクトがいくつもあるのは彼の好みでもあったからです。

 

【METROS/メトロクス】 リキモビール シャンブル Riki Mobile Chambre
新橋第一ホテル内のメインバーに飾られていたモビールが、2017年に製品化されました。 渡辺力氏がよく好んで使用した銅板と、無垢のチーク材の組み合わせで構成されたこのモビールは、素材の重厚感とフォルムの軽やかさを合わせ持ち、シックな空間を演出します。

 

イームズ夫妻に贈った時計も銅フレームの時計でした。

 

渡辺力がイームズ夫妻に送った時計の話
日本を代表するインダストリアルデザイナーの一人といえば渡辺力です。 かれの時計は魅力あふれるものばかりですが、イームズ夫妻に実際に自信の時計をプレゼントしたというストーリーも持っています。 デザイン黄金期をリアルタイムに生きた彼だからこその逸話です。

 

北海道美術館で使われたモビール

色々なモビールをつくった中でこのような複雑なデザインも存在します。

この何とも形容しがたモビールは1975年に北海道立近代美術館で開催された展覧会のために作られたもので、それを京王プラザホテル2階のバー「ブリアン」が30周年を迎えたことで氏が同バーに寄贈をしたという経緯をもちます。(ブリアン自体も力氏の設計)

 

2004年にはアウラコレクションから製品化されますが現在は製造されていません。アウラ自体終了したっぽいです。昔取引していたのですがいつのまにやら無くなってしまいました。

 

先述のコメント『私の夢そのもの。微風で軽やかに動く』ですが、モビール ミヤマのコメントに使われているのを見ますが、彼の著書によると実はこちらのモビールについて書いているようなんです。

どちらが正しいのかは不明です。

 

モビールというと北欧デザインばかりが注目されがちですが、日本の木材を使った洗練されたデザインもありますのでこちらにも注目してもらえると良いですね。

そもそもモビールはカルダーから始まったものですし。

 

モビールを作った彫刻家アレクサンダー・カルダーの解説と作品
モビールを作った彫刻家であるカルダーはどんな人物か説明しました。 彫刻として画期的なデザインを数多く残しました。

 

他にも力 氏のモビールは存在しますが、また新たに掲載できる写真があれば加筆していきます

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのオフィスチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方のお店

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のオフィスチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップもあります。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダーでもあることで知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。
個人への家具販売からインテリアデザインに、オフィスデザイン、事務所や商業施設への家具販売に施工からアフターフォローまで承っています。法人向けのコントラクト販売もしていますのでプロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

名作家具やデザインの話
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました