サイト改修作業中のためレイアウトや構成がたびたび変わることがあります

「キャッシュレス・消費者還元事業」対象店舗店になったことと増税について思うこと

消費者還元

明日2019年10月1日より消費税が10%に増税されますが、それに伴う消費の冷え込みや需要平準化と、キャッシュレス推進を目的として実施される経済産業省の政策として「キャッシュレス。消費者事業者還元」制度が始まります。これは、中小・小規模事業者が運営する対象店舗で対象のキャッシュレス手段でお買物すると最大で5%還元されるというものです。

 

「キャッシュレス・消費者還元事業」対象店舗となりました
case study shop NAGOYAはキャッシュレス・消費者還元対象店舗となりました。 2019年10月1日から消費税が10%になるのですが、それに伴う消費の冷え込み・需要平準化と、キャッシュレス推進を目的として実施される経済産業省の政策として、中小・小規模事業...

 

私はテレビや新聞やメディア関係を一切見ないのでこの政策についても知りませんでした。

これはありがたい話なのですが、クレジットカード会社や決済事業者の方々が案内を送ってくれるので、それの指示に従うのみで申請をして無事に対象店舗となりました。実店舗もオンラインショップもです。クレジットカードだけですけどね。なんとかペイ系はわざと導入をしていません。

 

実はこのキャッシュレス・消費者還元制度には事業者にとっても良いこともあって、この期間中はクレジットカード手数料を安くしてくれます。だから利益率がほんの僅かですが上がります。

 

が、それは来年6月までなので、このサービスに慣れてしまった後がどうなるかですね。今のうちにその後のことを考えて動いたほうが良いです。今まであったものが無くなると、それを当てにしていた分だけ落ち込みが強くなってしまいます。

 

それにしても強制的にキャッシュレスに移行させようと強引な印象を受けますし、現金主義に対して否定的な政策を国がとるというのも個人的には良い印象がありません。現金が安全という日本の良さを消していますし、ついていけない人たちもいますから。

それを事業者側でカバーできるように出来たら良いですね。決まった以上はそれをちゃんとうまく消費者の皆さんに対してフォローをするのが商売をする者の務めでしょう。別に文句じゃありませんよ。

 

まあしかし、無理やりキャッシュレスにするために強引に制度を作って、その負担を事業者に負わせているのは良くないですね。実際現金でのやり取りにより継続できる事業もありますますし。本当に昔に比べると商売というものが難しくなったと感じます。

一昔前のお店なんてレジがあればそれで済みましたしね。あとは雑誌とかへの広告費だけで良かったので考える必要がなかったです。

いまなんてHPやブログひとつもSEOの知識がいりますし、インターネットによる情報の多様化、SNSの活用に決済方法法も増えて複雑怪奇です。ただお店やれば良いという時代はとっくに終わっちゃいましたね。

 

ところで、特に増税前の駆け込み需要というのも少なかったです。

それで売り上げが悪いということは無くて、以前からここの所ずーっと私も忙しく売り上げも多くてありがたいものです。でも話を聞く限りそれが増税前だからという感じではないです。

それに消費者還元があるので急いでない限りは待つ人たちも居ますから、むしろ買い控えがあると思います。

 

増税も今回は8%→10%ですから、『変わるのも2%だしね』と気にしない人たちもわりといます。

そうなんですよね、2%なのでそう変わらないといえば変わらないです。

・・・それだけ消費税8%にも慣れたってことですね。もう消費税が8%なことに何の疑問ももっていないです。私も。

そりゃそこから考えたら10%は2%の違いですが、そもそも消費税が5%のときに10%の増税計画が決まり、いきなり上げると”いろいろイカンことがあるかもしれん”ということで消費税をまずは8%にして時期を見て10%にするというように決まりました。

ちょっとづつ上げればダメージも少ないだろうというものです。

当時は商売する身として『なんじゃそら、一回8%にするのも面倒だし外税になるし子供だましだな』と思ったものですが、実際いま8%に慣れちゃっている自分や周りを見ると正しいやり方だったんだなと実感します。

 

消費税が10%に上がることで不安があるかと言われると・・・ほとんどありません。

消費税で自分の商売がどうこうなるとは考えたことがありません。

消費税は全員等しく同じですからね、私だけ増税されるのは困りますけど、みんな増税されるのなら条件は大体フェアですから気にしていません。

やっていることも家具やインテリアの販売ですから、消費税が8%だろうが10%だろうが買う人は買ってくれるし、買わない人は消費税が何%でもあまり関係ないかなと。

 

消費税が5%から8%になるときも商売に冷え込みは感じ無かったです。

その時も不安は無かったですし、それよりもそもそもの自分の商売をどうにかすることの方が大切でしたら消費税関係なく売り上げが上がる努力をし続けていました。消費税があろうがなかろうが、自分の商売をより良くしてみなさんのためになろうともするのは一緒です。

それは今も変わりません。

消費税が何%になろうが、そんなことは関係なくちゃんとうまくやっていける事業に出来るのが理想ですね。

 

そうなるように頑張ります。

 

超心配性でガラスどころか飴細工のハートですけど、こういったことに関しては全然精神的にも大丈夫なんですよね。不思議なものです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました