ヴィンテージのネルソンダイニングチェアmodel4671

ネルソンダイニングチェア

これはわりと珍しいです。

1946年にジョージ・ネルソンがデザインしたメタルサイドチェア「model4671」です。

この個体は大体1950年代後半に製造されたものみたいです。

珍しいですが高額ヴィンテージ品というわけではありません。ただ現在この椅子を見ることが少ないです。

あまり知られてはいないネルソンの名作家具の一つですね。

ジョージ・ネルソンはハーマンミラー社のデザインディレクターを務めたことで、イームズやジラードを同社に導き、ハーマンミラー社を世界的なファニチャーメーカーへと成長させました。 自身のデザインであるネルソンベンチや名作家具も世に多く残しています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




背もたれのないスツール仕様もありました。

記載もありますが、実際に手掛けたのはネルソンアソシエイツのアーネスト・ファーマー(Ernest Farmer)です。

製造販売はハーマンミラー社から行われていました。

年数はわかりませんがいつのまにやら製造が終了したので、この椅子はヴィンテージ市場でしか見かけません。

してこのネルソンのヴィンテージチェアがどうしてあるかというとですね、これ、私のお客さんからの預かり品です。

生地を張り替えたいからということで持ち込まれました。

なんとなく当時の生地が無くなってしまうのは勿体ない気もしますが、座り心地に限界が来ているのでウレタンごと交換してまた使おうということです。

余談ですがこちらのお客さんは10年以上前からのお付き合いです。私が独立開業する前のお店からのお付き合いです。

ミッドセンチュリー期の家具が好きで、私も驚くほどコレクションを持っている方です。数もそうですが予算もすごいです。

年に一度ぐらいお店に突然みえて、なんとなく家具やインテリアを買っていってもらえます。「あ、これちょうだい、あ、これも買ってくわ。」なんて特に考えることもなく本人が必要なくても買ってもらえます。おかげさまで自宅は家具でいっぱいになっちゃっているらしいです。

こちらのお客さんからは、「もう愛知県にはミッドセンチュリーなショップが無いし、新品もヴィンテージも相談できるような詳しい人がいないよね。だからオギソ君(私)しかもう居ないんだから頑張ってもらわないと。」と言ってもらえます。

期待に応えるように続けるのと、日々精進をして結果を出していけるように頑張ります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告