1人で営業するからこそHPやブログで情報発信をすることが大切 | 名作家具とデザインの話

1人で営業するからこそHPやブログで情報発信をすることが大切

不定休

私は1人でお店を営業しているので営業形態を「不定休」としています。

実際にはお店はほぼ毎日営業しているのですが、たまに出張や、外で仕事をするときがあるのでお店にいない時があります。急用でお店を休むこともあります。そうした時に突然休むことがあるので「不定休」としています。

定休日を作ると、その曜日以外に用事があると結局不定休になってしまうので定休日は作りません。

その代り、休む日や営業時間を変更するときはHPに書くようにしています。

私がすごく強く思うことは、1人で仕事している人ほどHPなりブログなりで情報発信をするべきだということです。

やってるかどうかわからないような店に行けないですよね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




近場だったらまあいいですよ。行って営業していなくてもまた行けば良いですから。

それが遠方からだったり、来店のためにわざわざ時間を作ってまで行ったのに休みだったらガッカリしますよね。

私自身がこうした経験を何度もしていますし、やっているかどうかわからないお店を知ってはいるのですが、「行ってもやってなかったら・・・」と思うとなかなか行きづらくなるものです。

それから頻繁にブログの更新をしていることで「ちゃんと営業しているお店」ということも伝わります。

最終更新日が何ケ月も前だったら「あれ?潰れたかな?」と思っちゃいますから。

休むのは別にいいんです。

情報が確認できる場所を作っておくとか、連絡がとりやすいようにしておくといった些細なサービスは惜しむべきではないです。

HPにわかりやすく電話番号やメールアドレスは載せておきましょう。

せっかく来てくれる人たちのために必要なことです。

一人で仕事をするからといって、そのリスクをお客さんに負わせてはいけません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告