街中で店舗を構える良さ | 名作家具とデザインの話

街中で店舗を構える良さ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




繁華街や街中でお店を営業する良さというのはたくさんあります。

その反面、家賃が高いとか、希望の物件が無いとか、もろもろ問題もあります。

私も名古屋の栄三丁目で店舗を構えていますので、わりと人の多い場所だと思います。

家賃やスペースは悩みどころですね。

そんな街中で店舗を構えるメリットは、別にうちだけに用があるわけじゃない。ということにあります。

私のように一人でニッチなジャンルの物を扱っている店舗は特にです。

うちのような少数での店舗は、突発的な休業もありますし、たまたまその時間に居ないこともあります。

扱っているものが狭いので、家具量販店みたいなことを求められても困りますし、販売していないジャンルの物も多くあります。

お店に来たのはいいけど、目的が果たせない。ということがありえます。

そうした時に、街中だったら、別にうち以外に何かしら用が果たせるじゃないですか。

デパート行ってもいいし、目的が果たせそうな他の店に行っても良いですし、習い事に行くかもしれませんし、様々です。

そもそも通勤・退社のついでかもしれませんしね。

これが、郊外に車で時間をかけて来たとかだったら、「せっかく来たのに!」と憤慨するかもしれません。

それに、「期待通りの店かどうかは行ってみないとわからない」というときは、街に来たついでに行ってみよう。とハードルも下がります。

私としては、街全体が商業施設という感覚です。

超でっかい屋外デパート。

そういった理由で、小さな、専門性の高い物を扱うときは街中がベストだと感じます。

地域に合わせる必要がなくなるので、我が道を行くにはぴったり。

これからの世の中、何でも屋はうまくいきづらいので、自分のやりたいことや、やるべきことを絞って商売にするのがベターです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告