建築や場所や行ったところ

【憧れのイームズ邸】イームズハウスの内部に入ってきた話

ロサンゼルスにあるイームズハウスはイームズ夫妻のホームですが通常は内部の見学は通常しておりません。 しかし、特別に内部まで侵入してチャールズのひ孫に案内してもらった話を書きます。
知っておくと良い知識や雑学

日本のFRPイスの歴史

駅のプラスチック製ベンチを見て、イームズのシェルチェアだ!と思うのは逆です。 イームズのシェルチェアがあったからこそ生まれたのです。 日本のFRPイスの歴史を書きますね。
知っておくと良い知識や雑学

モンドリアンがミッドセンチュリー?

モンドリアンといえばミッドセンチュリーという謎のカテゴライズをされるのはどうしてでしょうか。 その理由と、そもそもモンドリアンとは何かを書きます。
名作家具やデザインの話

ジョージ・ネルソンの名作照明バブルランプの歴史と正規品

アメリカンミッドセンチュリーを代表する照明の一つ。ジョージ・ネルソンの傑作です。 バブルランプはどうやって生まれたのか、そんな話を書きます。 今は名作照明の一つとして君臨します。
デザイナーや人物の紹介

アーロンチェアの生みの親の一人「ビル・スタンフ」のストーリー

アーゴンチェア、エクアチェア、そしてアーロンチェア。 ハーマンミラー社のワークチェアを常に進化させ続けたデザイナーであり、現在のワークチェアがあるのも彼らの功績です。 オフィスシーティングに革命を起こしたデザイナーは彼です。
デザイナーや人物の紹介

ドン・チャドウィックのストーリー

アーロンチェアリマスタードのデザイナーとして今なおワークチェアの偉大なデザイナーとして活動しています。 ハーマンミラーのワークチェアの歴史を担う存在です。
建築や場所や行ったところ

【case study houseとは】ケーススタディハウスの説明

アメリカンミッドセンチュリー期にケーススタディハウスプログラムが始まり偉大な建築がいくつも生まれました。 内装もまさに事例になるような素晴らしい空間です。ケーススタディハウスの説明を書きました。イームズハウスもケーススタディハウスです。
知っておくと良い知識や雑学

ユーズドとヴィンテージとアンティークの違い

アンティークやヴィンテージは、ちゃんと違いがあるんです。 それぞれ横文字での表現が、どのような意味なのか説明しますね。 ただし家具業界の話です。
デザイナーや人物の紹介

マキオ ハスイケのストーリー

イタリアで活躍する日本人デザイナー蓮池槇郎 氏。 自信の作品がコンパッソ・ドーロ受賞やMOMAパーマネントコレクションに選定されるなど評価の高い人物です。
デザイナーや人物の紹介

DANESEとも縁が深い「ブルーノ・ムナーリ」のストーリー

デザイナー、画家、彫刻家、絵本作家、教育者と様々な顔を持つイタリア人デザイナー。 ダネーゼとの関係も深く、イタリアンデザインを黎明期から活躍した人物です。
ブランドやメーカー

イタリアンミッドセンチュリーを代表するダネーゼ(DANESE)の歴史と説明

イタリアのダネーゼはその歴史こそがダネーゼである理念となっています。 健全な美意識のために必要なメーカーです。
デザイナーや人物の紹介

ドン・アルビンソンのストーリー

イームズオフィスにて尽力し、数々のイームズプロダクトの作成に携わった立役者です。 その後Knollにて活躍するなど、Herman MIllerにとってもKnollにとってもイームズにとっても重要な人物です。
デザイナーや人物の紹介

バウハウスの重要人物「マックス・ビル」とは

人によっては時計のデザイナー、人によってはグラフィックデザイナー、人によっては建築家と人によって相当分かれると思います。 スイスの才能あふれるデザイナーです。
デザイナーや人物の紹介

ジェンス・リゾムのストーリー

アメリカンモダンマイスターズのひとりであり、Knollの発展にも寄与しました。 アメリカンデザインとスカンジナビアンデザインの融合は、彼独自の魅力あふれる作品です。
デザイナーや人物の紹介

アンジェロ・マンジャロッティのストーリー

日本ではあまり知名度が少ないですが、イタリアンデザインの代表的デザイナー、そして建築家の一人です。 構造をよく考えられた作品は、建築も家具も優れた機能を発揮しています。
デザイナーや人物の紹介

パントンチェアで有名な北欧の奇才ヴァーナー・パントンのストーリー

パントン自身のことは、あまりよく知られていません。情報も少ないので珍しい内容になったと思います。 以前まではヴェルナー・パントンという表記でしたが、最近はヴァーナー・パントンになっていますよ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました