低価格家具の存在を低価格じゃない家具屋はどう思っているか

カタログ

あの”某大手有名家具屋”が低価格家具屋によって苦境に立たされているみたいな説明をどこかで見聞きしたことがあるかもしれません。

低価格家具と言うのは例えばニ〇リやイ〇アみたいな大手家具チェーン店のことです。

以前もここで書きましたが、安い家具があるから高級家具が売れないなんてのは筋が合わないのでピンときません。高級家具は高級家具として、低価格帯とは違った顧客層に向けた商売です。根本的に土俵が違います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




家具屋として低価格家具について思うこと

それでは、じゃあ実際に低価格家具があることで経営が苦しくなった家具屋があるかといえば・・・実際にあるでしょうね。いわゆる昔からあるような街の家具屋のような存在は影響が大きいでしょう。昔は消費者にとって選択肢が少なかったのため、家具を買うにしても近くの知っている家具屋で選ぶことが普通でした。家具の情報を得る手段も極端に限られていましたし。

それが競争にさらされたことで街の家具屋は大きく力を失っていきました。

私のような後発新規で家具業界に参入してきた存在にとっては、低価格家具屋があることは想定内のため常に競争にさらされることを念頭に置いた経営をしています。

私が販売している家具の価格帯は椅子1脚が数万円~数十万円です。世間的には私はお店は中価格帯の家具屋だと思います。

そんな中価格帯の家具屋はどっちつかずで低価格帯の家具屋に負けるなんて評論があるのですが、じゃあ私は低価格帯の家具屋について実際にどう思っているかですが・・・

正直、なんとも思っていません。

ニ〇リ、イ〇アがあるから自分のところがあるから自分の店が売れないんだ!なんてことは思いませんし、現にそうなってもいません。

あってもなくても私の方針は変わりませんし影響はあまりないです。

だって、ニ〇リがない世界があったとして、じゃあうちで買うかって言ったらまず無い話です。

そういった方は別の低価格家具屋に行くだけです。

結局、低価格帯の商品があるからなんて文句を言っても、常に自分より低価格帯の商売をする人たちはいるんですから終わりがないです。

それよりも、私は低価格帯の家具屋の存在はわりとありがたいとも思っています。

自分が利用することはないです、私のお客さんが利用するにしてもありがたいです。

何故かというと、とりあえず予算を抑えてそれなりのデザインの家具を買うことが出来るからです。

ちょっと説明が必要ですね。

コーディネート

(https://www.hermanmiller.com/ja_jp/products/seating/lounge-seating/eames-sofa/)

私の仕事として家具のインテリアコーディネートなどがあります。

もっとも得意なミッドセンチュリーモダンな名作揃いのシーンを用意することもできるのですが、ハーマンミラーからノルからとどんどん価格が上げっていき、フルで理想のミッドセンチュリーインテリアコーディネートをすると予算が数百万円~となります。

もちろんこの予算を出してもらえる方なら良いのですが、大抵は予算が合わなくなってきます。

そこで、まずは自分が最初に欲しい家具を購入してもらいます。例えばダイニングテーブルセットは外せないとしてこれを理想の家具を用意します。

でもそれだと必要な家具が揃いません。テレビ台からソファから何でも他に必要です。

そこで低価格家具屋の出番です。とりあえずイ〇アに行って他に必要な家具を揃えてもらうんです。

で、リビングダイニングが完成します。

予算に目途がついたら次はソファを買って貰います。以前購入されたイケアのソファは安いものですし処分に戸惑いはありません。

そうして少しづつ自分の理想の家具を年数をかけて購入していってもらいます。いつか当初の理想の空間が出来上がるんです。一生の趣味ですね。

これが出来るのが名作家具の良さでもあります。10年前に買った家具が今でも現役で名作として君臨し、丈夫なので長く使えます。今購入するのも名作家具なので流行や廃りは関係ありません。

だから私は低価格チェーン家具屋に悪い感情は持っていません。とりあえず最初にそこで全部揃えたら良いんじゃないですか?

それから気に入った家具だけ私から買ってくれたら良いですよ。なんてスタンスです。

他にどんな家具屋があろうが、私は私にしかないセールスを出来るのが理想だと考えています。

カタログ

それにしても安いですよね。家具も小物もなんでも驚愕の安さです。

この安さならなんとなく必要だからと買っておくことが出来ます。

ということで、低価格家具チェーン店の台頭はについて感想でした。

ちなみにこのカタログはポストに入っていたものです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告