セール品やアウトレット品や展示品など安く私のお店で販売中
スポンサーリンク

イームズウォールナットスツール(Eames Walnut Stool)がイームズターンドスツール(Eames Turned Stool)名称変更とともに新色と新シェイプが発売

イームズターンドスツールの新色

チャールズ&イームズ夫妻が1960年にデザインをしたイームズウォールナットスツールの名称がイームズターンドスツールに変更されました。

名前が変更になった理由はウォールナットだけでなく別カラーがラインナップに加わったからです。

>>イームズウォールナットスツールの詳しい解説記事はこちら

 

スポンサーリンク

名称変更と新色

イームズターンドスツールのブラック

このスツールはハーマンミラー社から発売されていら、今まで名前の通りウォールナットだけで展開されていましたが、2023年に新色としてエボニーが加わることになりました。

エボニーはエボニーという木ではなく黒塗装のことです。

素材がウォールナットではないので値段も安く設定されています。

 

イームズターンドスツールの新しいシェイプ

同時に新しいシェイプも製品化され発売されます。

もともとこのスツールは(確か)8種類がデザインの構想として存在します。

そのうちの一つが今回ラインナップに加わったわけです。

 

新しい名称のターンド(Turned)はおそらく旋盤という意味でつけられたのだと思われます。

スツールは旋盤加工で製造しているのでそこからでしょう。

 

名称について個人的にはタイムライフスツールかアフリカンスツールのどちらかの方がしっくりきます。

ですがタイムライフは実在するビルの名称なので、商標的にも名づけるには問題があったのでしょう。

そしたらアフリカンスツールを使って欲しかったです。

このスツールは昔からアフリカンスツールと呼ばれていましたし、デザインのツールはアフリカのスツールからだからです。

 

カラー展開についてですが、もともとレッドカラーは社内のプレゼント用に製造されていたのは知っており、その経緯で限定発売はされていました。

今回ブラックカラーを作ったということは、次はイエローやブルーなどいくらでも色展開が出来ますし、ウォールナット以外の木材展開も可能です。

これをやりだすと何でも作れてしまい、デザインのアイデンティティが失われる気がします。

ハーマンミラーらしくない節操がないやり方なのが気になります。

>>イームズターンドスツールのご購入はこちら

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのワークチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方へ「case study shop NAGOYA」

ハーマンミラーのワークチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方へ「case study shop NAGOYA」
ミッドセンチュリーデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のワークチェアチェアの専門家(私)のお店です。オンラインショップはamazon payと楽天ペイの利用が可能です。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダー(全国一位)でもあることでセールスに知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。関東に倉庫を借り在庫も持ち全国どこでも保証もアフターフォロー可能です。
個人への販売/インテリアデザイン/法人向けにコントラクト販売/オフィスデザイン/商業施設への家具販売納品・施工/アフターフォローまで承っています。プロの方もご相談ください。

名作家具やデザインの話
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました