ハーマンミラー製品価格改定について
ハーマンミラー製品価格改定のお知らせ

大幅値上がりをします

詳細はこちら
スポンサーリンク

「中古」「ユーズド」「リユース」「リサイクル」の違いを解説

中古とユーズドとリユースの違い

最近「中古家具」の名称を「リユース家具」と呼称することが増えました。

以前は「中古家具」や「ユーズド家具」という名称を使用されていましたが「リユース」という名称が増えた印象です。

「リユース」「ユーズド」「中古」そして「リサイクル」の違いを解説します。

 

スポンサーリンク

リユース、ユーズド、中古はどれも同じ意味

リサイクルショップ

リユース(Reuse)は”再利用”という意味で、ユーズド(Used)は”使用済”という意味です。

どちらも”中古”と同じ意味として使われるので「リユース品」と「ユーズド品」と「中古品」は同じです。

以前は「中古家具」という名称が一般的に使われていましたが、いつしか「ユーズド家具」という名称が使われるようになり、今では「リユース家具」と呼ばれるようになりました。

名称一つで印象が変わるため「中古」より「ユーズド」、「ユーズド」より「リユース」の方が聞こえが良いから名称の変更をしているのでしょうね。

 

「リユース」という名称が家具業界でも使われ出したのはまだ最近のことです。

私の記憶では2008年頃に独立前のインテリアショップで働いている際に、会社の方針で「リユース」を掲げているのを見て『珍しい表現だな』と思ったものです。まだそのころ家具の中古を「リユース」と表現するのはあまり無いことでした。

でも「リユース」という言葉自体は「リサイクル」と使い分けるために昭和40年代の時点で使われている言葉です。

だから新しい言葉ではありません。

つまり「リユース」は「リサイクル」の対義語のような使われ方をするのが正しい表現ということです。

 

そんな「リサイクル」という表現ですが、リサイクルショップに代表されるように「中古品」という意味で使われているのは日本ぐらいのようです。

リサイクル(recycle)は”再循環”という意味で、廃棄物や不用品の素材や材料を新たなものへ再生することです。

空き缶を溶かしてアルミを再利用することや、故障品のパーツ取りをして新しい製品に利用することを「リサイクル」と呼びます。

そのため「リサイクル」本来の意味に「中古品」はありません。

それもあり最近は「リサイクルショップ」という名称から「リユースショップ」という名称に変わってきているようです。

 

ちなみに北米では中古品のことをセカンドハンド(secondhand)と表現しますが、これは日本ではあまりなじみのない呼び方です。

 

言葉の意味が分からなかったらこの内容を参考にしてください。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのワークチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方へ

ミッドセンチュリーデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のワークチェアチェアの専門家(私)のお店です。オンラインショップはamazon payと楽天ペイの利用が可能です。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダー(全国一位)でもあることでセールスに知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。関東に倉庫を借り在庫も持ち全国どこでも保証もアフターフォロー可能です。
個人への販売/インテリアデザイン/法人向けにコントラクト販売/オフィスデザイン/商業施設への家具販売納品・施工/アフターフォローまで承っています。プロの方もご相談ください。

知っておくと良い知識や雑学
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました