アーロンチェアご購入者へ専用アームカバーをプレゼントと不要椅子の回収やっています
スポンサーリンク

イームズシェルチェアのローワイヤーベースとは【ラウンジベースやキャッツクレイドルとも呼ばれる】

LAR風景

– Eames Shell Chair Low Wire Base –

デザイナー:Charles & Ray Eames (チャールズ & レイ・イームズ)

 

ハーマンミラー社からローワイヤーベース仕様のイームズシェルチェアが復刻しました。

この脚はシェルチェアをラウンジチェアの高さにする物で、同社が復刻するのは初めてのことです。

ロイワーベースの歴史をお伝えします。

 

イームズの現在の評価とブームの話から家具の歴史とデザイン一覧
ミッドセンチュリーを代表するデザイナーであるイームズ夫妻の家具デザインは現在ではいったいどのような評価を受けているのか書きました。 イームズブームの話から彼らの家具を一覧にして紹介もしていますのでイームズを知りたい人にお勧めの記事です。

 

スポンサーリンク

イームズシェルチェアのローワイヤーベースとは

LARのカタログ

ローワイヤーベースという脚は50年代から存在します。

当時のカタログ品名は「LAR」でした。Lounge Armshell Rodwireの略称ですね。

カタログには”armchair in the lounge height,with wire cage base”と記載されています。

wire cage base(ワイヤーケージベース)と呼ばれることもあれば、louge base(ラウンジベース)と呼ばれることもあり、low rod(ローロッド)と呼ばれることもあり、catscradle base(キャッツクレイドルベース)呼ばれることもありました。

 

キャッツクレイドルベースという名称について

キャッツクレイドルベース

 

catscradle(キャッツクレイドル)は”あやとり”という意味です。

このローワイヤーベースの見た目が”あやとり”の様だったために呼ばれるようになった俗称です。

正式名称ではありません。

ヴィンテージ市場では「キャッツクレイドル」の名称の方が一般的に使われている印象です。

よく「キャッツ」なんて呼びます。これで全然通じますよ。

 

LKR-1

LKR-2

アームシェルだけの展開と思われそうですが、実はワイヤーチェアにだけこのローワイヤーベースが選択できるようになっていました。(サイドシェルもLSRという品番で販売されていた記憶がありますが当時のカタログ情報が見当たりませんでした)

当時のシェルチェアは脚の付け替えが用意だったため、所有者自身で脚の付け替えをすることでサイドシェルチェアにローワイヤーベースを取り付けたりして工夫をしていました。

 

イームズワイヤーチェアのストーリーと裏話
1950年にデザインされたイームズワイヤーチェアは、イームズシェルチェアの素材を金属に変えたワイヤー組の彫刻的センスの椅子です。 この椅子が生まれた背景には本来は作りたかった金属製のシェルチェアを実現したいという野望があったからです。 ハリー・ベルトイアの功績と言われるこの椅子のストーリーや裏話を書きました。

 

ワイヤーチェアにローワイヤーはその見た目の奇妙さが格好良いですよ。

以前私がやったことがあるので下記リンクをご覧ください。

 

ワイヤーシェルにキャッツクレイドル 2014/7/19
さんれんきゅー!   あんま関係ないです。お店はいつも通りです。 いつも通りってのが売りなんです。   そういえば以前 ワイヤーチェアのヴィンテージを紹介した時に、Xベースをセットにしていました 。 結局Xベースだけ売れたので、今はワイヤーシェルのみあり...

 

イームズハウスでの使われ方

キャッツクレイドルベースとイームズハウス

シェルチェアをラウンジハイトの高さにすることで、コンパクトなラウンジチェアとしても使えたり、座椅子のような使い方ができます。

上写真はイームズハウスの庭ですが、茣蓙の上に置いてワイヤーベーステーブルをお膳に見立ててジャパニーズスタイルな使われ方もしていました。

イームズラウンジチェアほど大きくないため、場所を選ばず使えます。

 

【憧れのイームズ邸】イームズハウスの内部に入ってきた話
ロサンゼルスにあるイームズハウスはイームズ夫妻のホームですが通常は内部の見学は通常しておりません。 しかし、特別に内部まで侵入してチャールズのひ孫に案内してもらった話を書きます。

 

ジラード生地張りのLAR(正規復刻したジラード生地張りLARF)

ローワイヤーベースは80年代の終わりにファイバーグラスシェルチェアの製造終了とともに無くなりました。

それ以降今回の復刻まで製造されたことはありません。

 

このローワイヤーベースは日本製も存在しており、米国製のベースと高さが違います。

私の記憶では90年代以降も日本製のシェルチェアにローワイヤーベースの組み合わせで販売は続けられていました。

 

復刻したローワイヤーベースとは

アプホルスター仕様

アームシェルチェアのみローワイヤーベース仕様が復刻して選択可能となりました。

素材はポリプロピレン製のイームズプラスチックアームチェアと、グラスファイバー製のイームズファイバーグラスアームチェアの2つから選べます。

 

基本はシェルチェアの新しい脚というだけですの、用途に合わせたこのベースが選ばれるようになります。

ヴィンテージ品と違うのは脚先にクッション材として黒いパーツが付いていることです。

(厳密に言うと塗装もサイズも違いますが)

 

LAR風景2

イームズラウンジチェアよりもっとコンパクトで使いやすい背の低い椅子が欲しい人には最もお薦めできるイームズの名作椅子です。

国内では全仕様受注生産品ですので納期がかかります。

 

私のお店でも販売していますので興味のある方は下記からお願い致します。

サービスとしてシートパッドを一枚プレゼントしていますよ。

 

イームズファイバーグラスアームチェア/ローワイヤーベース

【ハーマンミラー正規販売店】イームズファイバーグラスアームチェア/ローワイヤーベース LARF Eames Molded Fiberglass Arm Chair Low Wire Base
1948年に完成したオリジナルイームズシェルチェアのオリジナル素材であるファイバーグラス素材を使ったシェルチェアが正規復刻しました。ハーマンミラー社の独自かつ最新技術により念願のイームズファーバーグラスシェルチェアが新品で手に入ります。 愛知県名古屋市栄のハーマンミラー正規販売店による販売。

 

イームズプラスチックアームチェア/ローワイヤーベース

【ハーマンミラー正規販売店】イームズプラスチックアームチェア/ローワイヤーベース LARP Eames Molded Plastic Arm Chair Low Wire Base
チャールズ&レイ・イームズ夫妻は、1948年に最初のシェルチェアをファイバーグラス素材で製造し後の成功を手に入れました。 しかしファイバーグラス素材を使用した家具製造には環境問題が関わってくるということが判ったため、1980年の終わりに惜しまれつつ製造を修了しました。 そして2010年、とうとうハーマンミラー社はポ...

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのオフィスチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方のお店

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のオフィスチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップもあります。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダー(全国一位)でもあることで知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。
個人への家具販売からインテリアデザインに、オフィスデザイン、事務所や商業施設への家具販売に施工からアフターフォローまで承っています。法人向けのコントラクト販売もしていますのでプロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

名作家具やデザインの話
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました