革製のコンパクトで優秀なデスク椅子「CM231チェア」

CM231チェア

– CM231 Chair –

デザイナー: Pierre Paulin (ピエール・ポラン)

ピエール・ポラン(1927-2009)が1956年にデザインをした隠れた名作椅子です。

それが2018年にポラン財団監修協力の元、日本の㈱メトロポリタンギャラリーがオリジナルを忠実に再現をして正式に復刻をしました。

ピエール・ポランの新作CM231チェアが発売
ピエール・ポランによってデザインされたCM231チェアが復刻されました。 特徴的なデザインの脚部に用いた無機質なスチールロッドと、背座面の張地に用いた上質な革の素材の組み合わせはクラシカルかつエレガントな印象を与えています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




名デザイナー ピエール・ポランの名作オフィスチェア

マッシュルームリボン

ピエール・ポランのデザインというと、有名なのは上写真のマッシュルームチェア(左)やリボンチェア(右)、オレンジスライスチェアのような有機的で奇妙な造形が有名です。彫刻的とも表現されます。

ポランの家具は60年代からが著名になっていますが、50年代の頃のポランのデザインはシリアスなデザインが特徴でありヴィンテージ市場では人気の高いものでした。

F031デスクも50年代のデザインです。

ピエール・ポランのF031デスクのストーリーと日本で復刻された理由
ピエール・ポランの名作家具の一つにプチデスクと呼ばれるスマートなデザインのデスクがあります。 56年に生まれたとは思えないほど洗練されたデザインです。 このデスクは正式に日本で復刻されています。

50年代にデザインをした使いやすい椅子

(私のお店で展示している光景)

そしてこのCM231チェアも1956年にデザインされたもので、コンパクトで小回りが効きながらもスマートでスラッとしたデザインにレザーの張地を使うことで、高級感も感じさせる景観と取り回しの良さを両方兼ね備えた優れた構成です。

ガス圧はありませんが回転式の昇降機能が付いているので座面の高さも変えられます。

特徴的なスチールロッドの組み方が、ミッドセンチュリー期の作品であるということも感じさせます。

ボール型のキャスターというのが珍しく、これにより細部まで椅子全体のデザイン性を高めています。

新作発表当時の様子

CM231チェア発表当時はメトロクス東京にて関係者向けに新作発表展示をしていました。

私も現地まで出向き現物を確認し、すぐに自分のお店でも展示して販売できるように動きました。写真より実物の方が良さがわかりますし、座り心地も思ったよりフィットして良いです。耐荷重だけ心配でしたが、このデザインでも120kgまでOKというのもポイントが高いです。

同社の社長は実際にピエール・ポランと会いデスクの復刻のライセンスを受けるなど、日本の家具メーカーの中で専門性も必要な難易度の高いことをしている人物です。

ポラン本人が亡き後はポラン財団とともに今回の椅子の復刻を成功させています。

メトロポリタンギャラリー25周年記念パーティーと同社の代表との思いで
先日は㈱メトロポリタンギャラリー25周年記念パーティーにお招きいただきまして、東京に出張していました。

CM231チェアのオリジナルヴィンテージ品

新作発表展示会場ではCM231チェアのオリジナルヴィンテージも展示されていました。

それが上写真のこれです。

これを見ればどれだけオリジナルを忠実に再現しているのかが良く分かります。一見しただけでは復刻したものと違いが分かりません。

復刻の際に最も大きく変更されたのはキャスター部分です。

上写真がオリジナルのキャスターですが、ご覧のようにアルミニウムをボール状に成形したものです。これではキャスターが固すぎて床がボロボロになっていってしまいます。50年代のフランスではこれで良かったのでしょうか?

そこで復刻する際にはキャスターの意匠は踏襲しつつ周囲にゴムを巻いた仕様に変更しています。

これはいい改良ですね。動きも良く床へのダメージも軽減されます。

たくさん椅子を並べた光景

(私が提案するマスターウォールのテーブルと合わせたコーディネート)

復刻したCM231チェアはポランのデザインということは置いておいても、革製のコンパクトな上質なデスクチェアとして人気が高まっており、家庭だけでなくオフィスといったコントラクトへ向けて着々と活躍の幅を広げています。

私も発表時に実物を見た瞬間からこの椅子が大きな広いテーブルに大量に並んでいる光景が浮かびました。シェアオフィスでもどこでも使いやすいです。

ダイニングテーブルの普段使いの椅子としても便利なので、これから需要が増えると予想しています。

CM231チェア Pierre Paulin ピエール・ポラン METROCS メトロクス
ピエール・ポランが1951年にデザインした名作チェアの復刻。 F031デスクにも合うスリムサイズが便利。

マスターウォールのデスク特集とシェルチェアとアーロンチェアとCM231
たぶんうちでマスターウォールさんを販売始めたのって全然知られてないですよね。 まったく実績がさっぱりなので、もう少しどうにかしていくようにしたいです。 (正直に書かなくてもいいかもしれませんけど・・・) そろそろ3月、4月の引っ越しシーズンですし、そこに合わせて需要...

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告