個人店や小さな店は入りづらいですが店主はどう思っているか

お店

個人店とか小さなセレクトショップとか入りにくくないですか?

ですよね、入りにくいですよね。わかります。バーとか飲食店とかなんでもそうですよね。

それでいて高額なアイテムを取り扱っていたり、専門的な分野に特化した店だとなおさら入りづらいです。

と、個人店で小さな家具インテリアのセレクトショップをやっている私も思います。

ビルの二階ですからね。入りづらさレベルが高いです。

私が逆の来店する側なら入りづらいことこの上ないです。

みなさんが「個人店や小さなお店は入りづらい」と思っているように、お店をやっている側も「入りづらいだろうな」と思っています

そして自分が客側として他の個人店とかに行く時は皆さんと同じ気持ちになりますよ。「入りづらい店だな・・・」なんて。

だから入店するのに気負う必要なんてありませんよ。

お店なんですから誰だって入って大丈夫なんですよ。

ひと昔前のストリート系のアパレルとかだと高飛車な店員が居て、常連同士でつるんで他のお客さんをジロジロ見ていたりなんてことはもう少ないですから安心してください。ああいったことがあるから嫌になるんですよね。

あのころ儲かっていた人達は傲慢なやり方でもイヤでも売れましたからね。

もうほとんど見ないです。以前みたいに儲からないのでそれではやっていけません。

この”店員が傲慢”、”店主が怖い”、”常連同士で固まっている”、”そもそも常連贔屓”みたいなのがイヤだから小さなお店は入りづらいんだと思います。入ってみないと雰囲気がわからないですから。

でも店員なり店主に話しかけたら良いですよ、いまは新規のお客さんは今まで以上に大切ですからきっと愛想よく対応してもらえるはずですよ。

それから”なにか買わないと出づらい”からというのも理由の一つかもしれません。

これは他の店はどうかわかりませんけど、でも私も別に初回の来店で何も買わなくても特に何も思わないので気にするようなことじゃないです。

私の場合は家具やインテリアですから、その場ですべて完結する商売でもないからではありますけど。

あと、”話しかけられるんじゃないだろうか”という心配ですが、そりゃ話しかけられることがあるしょうね。小さな店内でしょうから。

小さなお店の醍醐味はここですから、お客さんと親身になって近い存在として最高の提案をできるように出来るのが魅力なんです。

昨今のネットショッピングとは真逆の存在なのが売りなんですよ。

話したくないよという人は・・・来店前にお店とメールでやり取りをすると良いと思いますよ。

それから服装で判断とかはしないでしょう。これについては以前書きました。

お店の人は服装や身なりでお客さんを判断するでしょうか。 私の話しとともに、わざと見た目をみすぼらしくして試す行為についても書きました。 見た目は重要ですが、違った部分で判断しているかもしれませんよ。

入りづらいお店でも入ってみたら新たな世界と出会えるかもしれませんよ。

小さなお店は狭く深くという商売をしていることが多いので、お店のHPやブログをちゃんと読んでみるのも良いですよ。どんな方針かわかりますし。

特にブログは書いている人の”人となり”が出るのでお勧めです。親近感を覚えますからね。

そんな私の店は「場所がわかりづらい」「どこから入って良いのかわからない」「そもそも入りづらい」と非常に高い評価(?)を得ています。

私としては興味があるとか何か用がある人が来てくれたらそれでいいというスタンスですので、入りづらかろうがそれを乗り越えて来店してくれるだろうと考えています。実際ちゃんとお客さんは来てくれますし。

(私が知らないだけで店前の階段で引き返している人もいるかもしれませんけど・・・)

通りがかりで来店された人と7年以上付き合いをしているお客さんもいてくれていますし、とにかく最初の出会いやきっかけが大切ですよね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告