配送破損が起きたら負け

破損

いつも何かを配送するときは佐川急便にお世話になっています。

でも佐川さん、評判が良くないんですよね。残念です。

昔は確かにあれな荷物扱いをしていましたが、いまはそんなことないです。佐川さんたち良い人達ですし。

 

私が開業してからずーっと佐川急便と契約して出荷をお願いしていますが7年間でほとんどトラブルが無いんです。

あ、二年前の年末に遅延祭りが開催されましたけど、あれはもう一社に限ったことじゃなかったので。

それでも私は当時もトラブルはなかったです。遅延がある前提で段取りしていましたから私のお客さんにも迷惑がかかりませんでした。遅れる前提で全部段取りしていました。

 

でも正しくは「トラブルが無い」じゃなくて、「トラブルが無いように私がしている」が正しいです。

 

スポンサーリンク

配送破損が起きたら負け

 

「配送破損が起きたら負け」の精神で自分で梱包をしています。

荷物の扱いが雑だなんだの言う前に、ちょっと雑に扱ったり落としたりするぐらいで中身が破損するような梱包をする方が良くないです。

しっかり梱包をすれば落としたぐらいでは中の商品は壊れたりしません。

 

そこを「配送員がしっかり運べばいい!」と強く主張しても、他人と過去は変えられませんから問題の解決はしません。

配送破損を絶対にしたくないのなら自分で運べばいいんです。もしくは配送員にチップでも私て特別扱いしてもらったほうが良いですね。

 

しかし自分で運ぶのは難しいので、せめて厳重に梱包をするということが大切です。

梱包資材が増えすぎるのは良くないので、なるべく少ない資材で効率的に梱包をします。

 

おかげで自分で出荷した製品で配送破損が起きたことは一度もありません。

 

配送破損が起きたら困るのはお客さんの方なのですから、しっかり梱包するのは自分のお客さんのためです。そこを配送員の怠慢だとか扱いが悪いだとか文句を言ってもしょうがないです。丁寧に運んでと配送員さんに言っても守るかどうかなんてわかりませんから、責任を外部に丸投げして問題が起きるよりは手間でもコストがかかっても自分でどうにかした方が良いです。

 

それからこれは配送業界への負担軽減でもありまして、配送破損が起きたら保険で対応してもらうことになるのですが、そうするとどんどん配送会社の負担する保険料が上がっていきます。

さらに、配送破損でのクレーム対応で人員も余分に割かれてしまいますから、ますます配送できる量が減ってしまいます。

 

そうするとまた配送料が値上がりしてしまいます

破損詐欺をする輩もいますから問題ばかりです。(わざと破損するように送って詫び金をせしめるひどい手法)

 

いくら値上がりした配送料が高いといっても、自分で持って行くよりは全然安い訳なんですから、互いにサービスを理解して互いに気を遣えば円滑な業務が遂行されるはずです。

 

それでも配送破損は起きますし、納期の遅延だって起きることがあるでしょう。

そこは「そういうこともある」と出荷側も受取側も理解しておけば良いことですよね。そうすればいざ問題が起きた時に怒鳴り散らしたりする人はいないはずですよね。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
イームズや名作家具やアーロンチェアを求める方のお店

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップもあります。
個人への家具販売からホームコーディネートに、オフィスデザイン、事務所や商業施設への家具販売に施工からアフターフォローまで承っています。法人向けのコントラクト販売もしていますのでプロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

コラム
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました