透明なテープを使う業界 | 名作家具とデザインの話

透明なテープを使う業界

この家具インテリア業界は梱包するときに高い確率で透明なPPテープを使っているのを見ます。

なぜでしょう?

そんな私も使っているんですけども。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




この業界に入るまでは段ボールなり梱包にはガムテープを使っていました。

むしろそれが普通で、この業界に関わりだしてから透明のPPテープを使うことを覚えました。だってみんな使っているんですもの。自然とそうなります。

でもどうして透明テープを使い続けているかといわれると・・・どうしてなんでしょうか。

理由をちょっと考えてみたのですが、紙テープ(クラフトテープ)やガムテープは劣化が早いからかなとか思いつきました。特にガムテープは劣化するとネバネバが残って不快です。

もちろんPPテープも劣化するのですが、紙テープやガムテープに比べたら劣化してもそれほど変なことにならないです。粘着力が無くなりカッサカサになるぐらいでしょうか。

あと紙テープは粘着力が弱いです。

それから梱包した時に透明なテープの方が透明度が高くて見た目が美しいからでしょうか。ガムテぐるぐる巻きはなんとなくみすぼらしいです。

ただ安いPPテープは本当にダメですね。

上写真のものは私が普段使っているテープなのですが、一つ200円以上するそれなりに良いテープです。

確かに100円とかで他のメーカーのPPテープも買えるのですが品質が悪いので使いません。

一度試しに使ったことがあるのですが、粘着力もなくあっという間に劣化してしまうんです。

あれはいけませんね。安くとも納品先に「しょぼいの使っているな」と思われてしまいます。

テープ一つこだわるぐらいの方が仕事もうまくいくかなと思います。

そんなわけでこれからも透明のPPテープを使い続けることでしょう。

何か代替できるテープがあれば変えるかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告