店内も展示品もキレイに掃除します | 名作家具とデザインの話

汚い展示品や商品があるといやですよね?

掃除道具

私も様々なお店に行くことがあるのですが、展示してある見本や展示品を触りたくないんです。

だいたいが指紋だらけで汚くぼろぼろだったりするじゃないですか。

あれらはダメなんです。潔癖っぽいかもしれませんが抵抗があるので触れないのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




なので、せめて自分のお店はキレイにしておきたいので、こう見えて(どう見えて?)頻繁に店内や展示品を掃除・清掃をしています。※店内だけです。ビル自体は古くてみすぼらしいのはどうしようもありません。。。

特にワークチェアは清潔にします。

だって、汚いワークチェアに座らされてレクチャーなんか受けたくありませんよね?

普段も商品を触るときは必ず手袋しています。指紋はつけない。

商品を直接素手で触る店員がいます。 私はそれが理解できません。あまりに無神経です。

出来れば来店した人が気持ちよく接客を受けられるようにしたいという想いあるのでキレイにしています。
それから私のように展示品の状態を気にする人のためです。

掃除はすごく大切なことですよ。

私ももちろん自分で全部やっています。自分しかいないですし。

以前に勤めていたインテリアショップの経験以外にも、いくつかのジャンルの職種を体験したことがあるのですが、掃除が新人の仕事というのがあまり納得しづらかったです

掃除をやりたくないわけではありません。今やっていますし。

もともと掃除はすごく大切だと私は考えているのですが、店長や上司が掃除を軽視しており全く自分たちはやりませんでした。

掃除をすることで発見することも判ることもあります。

独立してからも掃除をすることで多くのことが理解できます。掃除という行為の重要性が理解していない人ほど掃除をしないと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告