コンスタンチン・グルチッチの話

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




今まで関係することが少なかったデザイナーですが、私がマジスジャパンと取引を始めた関係で自分のお店でも彼の製品を置くようになりました。

http://www.magisjapan.com/designers/detail/10

Konstantin Grcic (コンスタンチン・グルチッチ)
1965 ~

この日本でも近年すごく熱いスポットが当てられているドイツのミュンヘン生まれのインダストリアルデザイナーです。

1988年 ロンドンのロイヤルカレッジオブアートに入学。

工業デザインを学び1990年卒業。

ジャスパー・モリソンの事務所で助手を務めた後、1991年にコンスタンチングルチッチインダストリアルデザインを設立。

以後、オーセンティクス社、モローゾ社、クラシコン社、フロス社、マジス社、MUJI、などなど、多くの企業とコラボレートして製品を手掛けています。
家具や照明、アメニティグッズからファブリックまでと、手掛けているジャンルも豊富です。

2001年にはフロス社からリリースした「MAY DAY」がコンパッソ・ドーロを受賞するなど数々の受賞歴があり、製品はドイツ博物館やニューヨーク近代美術館でコレクションされいます。実績も多数。

まだまだこれからが期待される大活躍中のデザイナーですので、彼のストーリーはまだまだ途中です。

作品リストは彼のHPであるコンスタンチングルチッチドットコムがあるのでそちらで確認することが出来ます。

MAGIS Chair ONE

諸説あるのでしょうが、個人的な見解としては2004年のチェアワンから日本で知名度が上がったデザイナーだと思います。というより、チェアワンで名前を始めてみたかもしれません。

見たことありますよね?今もマジス社から販売しています。

最近だと東京駅で400脚以上納品したとマジスジャパンの営業さんが話していた通り、東京駅にたくさんありますね。だから東京駅を利用する人は見たことが無いはずはありません。

すごく洗練されたデザインをする人です。

これからますます彼の名前を見かけるようになると思いますよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告