コンパッソ・ドーロは世界初の工業デザイン賞

コンパッソ・ドーロとはなんでしょうか。

DREAM DESIGN No.7カメラ直撮り、内容も参考にしました

Compasso d’Oro(コンパッソ・ドーロ)とは、イタリア語で”金のコンパス”を意味し、イタリアンデザインの権威と歴史のあるデザイン賞です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




1954年にジオ・ポンティの発案により、ミラノの百貨店リナシェンテが創設したことから始まります。
1956年からはADI(工業デザイン協会)設立により、その時より同協会の主催となりました。
現在では世界各国に多くのデザイン賞がありますが、コンパッソ・ドーロは、世界で初めて真正の工業デザイン賞として誕生し、いまなお権威のある賞とされています。

このデザイン賞ですが、イタリアデザインのレベルの底上げとプロモーションを目的に設立された賞だそうですよ。

だから基本イタリア目線です。

そんなコンパッソ・ドーロの第一回目の受賞作はなんでしょう。

ちょっと考えてみてください。
あたったらすごいです。

それは、

「私だ」

ZIZIなんですよ。
ブルーノ・ムナーリのプロダクトですね。

デザイナー、画家、彫刻家、絵本作家、教育者と様々な顔を持つイタリア人デザイナー。 ダネーゼとの関係も深く、イタリアンデザインを黎明期から活躍した人物です。

当時ではフォームラバーに針金を入れた製法の玩具は画期的でしたし。
今あるのは2007年に復刻したものです。

賞のことを聞くと、今までこのZIZIに目を向けていなかった人も、ちょっと興味が湧くんじゃないですか?
そういうものですよね。プロダクトは背景、バックグラウンドやストーリー込みで気にいるものです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告